家を建ててから判明!本当に必要な収納とは?

新築住宅の間取りを考えるのは楽しいものですが、なかなか建てた後のイメージが湧きにくいのが難しいところ。そこで、既に家を建てた人たちに聞いた、「必要な収納」をピックアップして、代表的なものを紹介していきます。

■あって良かった収納スペース

1-リビングのカウンター収納

「ダイニングに座った家族や友人と会話しながら料理ができる」、「子供が遊んでいる姿を見ながら洗い物ができる」として人気の対面キッチン。そんな中、実際に家を建てた方から好評なのが、ダイニング側のキッチンカウンター下収納です。

その理由は、汎用性の高さにあるようで、家庭によって収納しているものも様々。

まず、カウンター下をキッチンの一部としてとらえる場合、食器入れとして活用する方法が挙げられます。こうすることで食器を収納するスペースが格段に増えますし、ガラス戸を採用すれば、見せる食器収納としても活躍します。

ダ イニング側の収納として考えた場合、収納しやすいのは雑誌や書籍。普段から読書に親しみのある方は、どうしてもリビングやダイニングまわりに本を置いてお きたいもの。そうして置かれた本は雑多になりがちですが、カウンター下ならすっきり収納することができます。レシピ本を置くスペースとして活用しても良い ですね。

その他、携帯電話やタブレットを充電するスペースとして利用している方や、飾り棚を作って好きなインテリアを置いている方などもいて、カウンター下の収納については概ね満足しているようです。

2-洗面所の収納棚

新築住宅を建てる時、洗面所内の家具配置に困っている人は多く見受けられます。洗面所用に広大なスペースを取れるという人は少数派。どちらかというと他の部屋を大きくする代わりに、割を食って狭くなってしまいがちなのが洗面所です。

そんな中でも、「洗面所に設置して良かった」と感じている声が目立つのが、収納棚。

洗面所は脱衣所として使われるほか、洗濯するものを洗濯機に出し入れしたり、身支度を整えたりするなど、様々な用途に使われるため、中が雑多になりがちです。そこに収納棚を設けることで、キレイに見せるとともにスペースを有効に使うこともできるようになります。

中に収納するモノとしては、バスタオルやハンドタオルなどがメインとなりますが、それ以外にも人気なのが「下着を入れておく」こと。お風呂に入る際に下着を取りに部屋に戻る手間がなくなるというメリットがあります。中には、部屋着まで入れるという方もいるようです。

3-廊下の物入れ

ともすれば、ただ通過するだけのスペースとなってしまう廊下も、収納を設置することで活用することができます。

壁面に奥まった棚を付けておけば、本や雑貨を収納できます。また、見せる収納としてお気に入りのアイテムを置いておけば、廊下を通った時の気分も上がるというもの。

ムダを生まない収納スペースとして人気です。

■評価が分かれる収納スペース

1-ウォークインクローゼット

評価が分かれる収納の一つに「ウォークインクローゼット」が挙げられますが、
その理由としては、「スペースを有効に活用できていない」という声があります。

好きな洋服に囲まれているとあって新築やリフォームを考える女性たちから支持の厚いWICですが、人が入れるために、その分のスペースがムダになってしまうという点があります。

一方で、通常のクローゼットでは壁面を多く必要とするため、お部屋のレイアウトに制限が出てきますが、ウォークインクローゼットは出入り口が1箇所のため、壁面を多く取れる事により、間取りが検討しやすいというメリットもございます。

もしウォークインクローゼットにするか迷っている方がいらっしゃれば、弊社スタッフへご相談くださいませ。お客様ひとりひとりのライフスタイルに合わせた最適な収納をご提案させて頂きます。

2-飾り棚

収納スペースを「結果的に」飾り棚として使うと上手くいくことが多い一方で、もともと飾り棚としてのスペースを付けてしまうと、上手に活用できない傾向があります。

飾り棚に置くようなアイテムは基本的にインパクトのあるものが多く、家を建てた当初は気に入っていても数年すると飽きてしまうことがあります。飾り棚を作ったものの、何を入れていいか分からずに空白のスペースのままということも。

もちろん家作りの好みもありますが、飾り棚に関しては「どうしても」という場合以外は、避けておいた方が無難ですね。

■収納スペースの決め方

間取り作りで収納スペースを決める際は、「何をどれくらい収納するのか」ということのほか、生活動線を考えることも重要。せっかく収納スペースを広めにとったとしても、使いにくい場所にあると、いわゆるデッドスペースになってしまいます。

上手に生活スタイルに収納を組み込むことが、ムダのない間取り作りのコツですよ!

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP