東京でおしゃれな一軒家を建てるテクニック|間取り・外観の写真事例付き

おしゃれな一軒家

初めてのマイホームとして一軒家を建てるなら、利便性はもちろんおしゃれなデザインにもとことんこだわりたいですよね。

しかし建築デザインにはたくさんの種類があるため、好みの間取りやテイストを見つけるのはなかなか大変です。

そこで今回は、実際のおしゃれな一軒家の新築実例を見ながら、人気の間取りを解説していきます。

内装・外観それぞれをおしゃれに仕上げるテクニックもご紹介しますので、これからマイホームづくりに取り組む方はぜひ参考にしてみてください。

 


目次
■東京エリアの家づくりの難しさ
■おしゃれな一軒家の間取り実例
■一軒家をおしゃれに仕上げるテクニック


 

■東京エリアの家づくりの難しさ

全国的に見て土地の価格と人口密度が高い東京エリアでは、間取り・外観ともにおしゃれに仕上げる難しさがあります。初めての家づくりで後悔や失敗を防ぐため、内外観それぞれの難しさを把握しておきましょう。

 

・近隣との外観デザインバランス

東京の新築外観

都内でマイホームを建てる場合、お隣との距離が近いケースが多いですよね。このような都市部での住まいづくりは、自宅だけでなく近隣とのデザインバランスも気にかけなければいけないのが難しいところです。

自治体や住宅地によっては街並みを整えるため、デザインが決められている場合もあります。思い通りのデザインを実現しながら、近隣と調和がとれる外観に仕上がる必要があります。

 

・限られた土地の中での間取りづくり

東京の街並み

東京・神奈川などの市街地エリアでは、余裕のある広い土地に家を建てられるケースは少ないですよね。人気のエリアは細かく土地がわけられていて、広い物件自体が珍しく旗竿地や異形地なども少なくありません。

限られた面積の中で間取りをやりくりするため、使いやすくおしゃれな家づくりにはプランナー設計スキルが重要となります。難易度の高い首都圏で住まいづくりをするなら、施工事例をたくさんチェックして実力のある施工店を見つけましょう。今回はたくさんの間取りをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

■おしゃれな一軒家の間取り実例

実際のおしゃれな一軒家の実例のなかから、おしゃれな間取りをピックアップしてご紹介します。それぞれの詳細ページには住まい全体の写真や詳しいデータも掲載していますので、気になる間取りはそちらもぜひチェックしてみてください。

 

・オープンキッチン

オープンキッチンレイアウト

リビングをひろびろと見渡せるオープンキッチンレイアウトも、おしゃれな定番間取りですね。

 

オープンキッチンレイアウトのリビング

キッチン自体がリビングからよく見えて、おしゃれなインテリアのように機能するのもオープンレイアウトの特徴。こちらのお住まいはスタイリッシュなモノトーンにまとめて、上品で高級感のあるLKD空間に仕上げています。

 

【詳細ページ】⇒上質な空間とスタイリッシュさで、暖かみのある素敵な住まい。|立川市

 

 

・吹き抜けリビング

吹き抜けのリビング

二階までの大きな吹き抜けとリビングの組み合わせは、おしゃれな注文住宅で定番のレイアウト。一般的な天井高さでは味わえない解放感と、高窓から入るたっぷりの自然光がリビングをより魅力的に見せてくれます。

 

吹き抜けのダイニング

「吹き抜けは寒い」というイメージが強いですが、現代の高気密高断熱住宅では大きく改善されています。オリジナリティの高いおしゃれな間取りを目指すなら、ぜひ検討したい間取りの一つですね。

 

【詳細ページ】⇒高い断熱性と防音性の構造を最大活用。 家族のたくさんの希望を叶えたお家。|立川市

 

 

・畳小上がり

畳小上がりのリビング

リビングの中に設ける畳の小上がりスペースは、最近流行のおしゃれな間取りアイデア。広いLDKに変化を出すことができ、和洋をブレンドしたオリジナリティの高い間取りに仕上がります。

 

対面キッチン

対面キッチンと組み合わせると、お昼寝中の赤ちゃんやお子さんを見守りながら家事をこなせる便利な間取りでもあります。アイロンがけや洗濯物の整理など、使い勝手も良いので子育て世代の方には特におすすめです。

 

【詳細ページ】⇒モデルハウスのアイデアに独自の個性をプラス。 将来を見据えた総タイル貼り「和モダンの家」。|立川市

 

 

・モダン和室

おしゃれなモダン和室

和室と聞くと古いイメージを抱く方も多いですが、スタイリッシュなモダン和室は現代の新築にもおすすめの間取り。ヘリなしの畳とダウンライトなど、古いイメージを感じさせないおしゃれなお部屋に仕上げました。

 

モダン和室とリビング

間仕切りを開けてLDKとつなげても違和感のないデザインで、遊び心もあり空間に変化が生まれます。オール洋室のスタンダードなデザインも良いですが、アクセントとして一部屋和室にしてみるのもおすすめです♪

 

【詳細ページ】⇒空間のつながりを意識した、開放感あふれる素敵な住まい|立川市

 

 

・中二階

縦の空間を活かした中二階レイアウトも、一軒家をおしゃれに見せてくれる間取りです。

 

リビング階段の間取り

リビング階段を組み合わせた中二階は、同じ空間の中で緩やかにゾーニングできるのが特徴。

 

中二階のワークスペース

内部はL型の大きなデスクカウンターにして、在宅ワークも効率的にこなすことができます。視線が抜けているためコンパクトでも圧迫感がなく、長時間過ごしても苦痛に感じないワークスペースです。

 

【詳細ページ】⇒自然光が燦々と降り注ぐ広々とした LDKをメインとした住宅。|立川市

 

 

・屋上庭園/ルーフバルコニー

屋上庭園の風景

お庭の確保が難しい東京や首都圏の新築でアウトドアリビングを味わえる、素敵な屋上庭園の間取り実例です。

周囲の目線が気にならないプライベートスペースは、天気が良い日のお昼寝や読書などにピッタリ。ちょっとしたガーデンスペースも設け、四季の移り変わりやお花の彩りを楽しむこともできます。

 

スッキリした新築外観

外観上は屋上庭園の存在が分からないスッキリデザインも、東京エリアの街並みになじむ工夫です。広いリビングをつくることが難しい場合も、アウトドアリビングとして気持ち良く過ごせるスペースになります。

 

【詳細ページ】⇒欧州風のおしゃれなデザインと機能性の同居した二世帯住宅|立川市

 

 

・中庭

中庭が見えない正面玄関

家の正面からは見えない中庭の間取りも、おしゃれな一軒家ライフにおすすめです。暗くなりがちな住まいの中心に光を届けてくれるため、明るくおしゃれな間取りづくりにつながります。

 

コの字型の中庭とウッドデッキ

窓を通じて視線が広がるため、お部屋が広く見えるのも中庭のメリットです。

周囲の目線が気にならない中庭は、天気の良い日にくつろぐプライベートスペースにもピッタリ。ウッドデッキを設置すればリビングの延長にもなり、お子さんやペットちゃんの遊び場にもなります。

 

【詳細ページ】⇒中庭が家族を優しくつなぐ家|八王子市

 

 

・渡り廊下

大きな吹き抜けと渡り廊下のあるリビング

吹き抜けと組み合わせる渡り廊下は、空間に変化を与える上級間取りテクニック。

 

吹き抜けから見下ろすリビング

吹き抜けから見下ろすリビングの風景も楽しめて、単なる通路ではなくデザインを味わえる間取りに。二階の廊下で床面積を消費せず、有効活用できるのもメリットです。

 

【詳細ページ】⇒吹き抜けとパティオで、建物隅々まで明るく暖かい住まいに。|八王子市

 

 

・リビング階段

リビング階段の間取り

一般的な廊下と階段ホールの間取りではなく、リビングの中に階段を設けるレイアウトも増えています。

LDKの中に階段の吹き抜け空間を組み合わせて、大きな解放感が生まれるのがメリット。廊下や階段ホールを省略できるため、さらにリビングを広く取りやすいのもおしゃれに仕上げやすいポイントです。

 

【詳細ページ】⇒中二階のある猫ちゃんと暮らす家|八王子市

 

 

■一軒家をおしゃれに仕上げるテクニック

最後に、おしゃれな一軒家をつくるためのテクニックをまとめてご紹介します。

 

【外観編】

おしゃれな新築の外観

外観をおしゃれに仕上げるには、次の3つのポイントに注意してみましょう。

 

・窓の配置にこだわる

窓の形と配置は、住まいの外観に大きな影響を与えます。特に玄関や表から見える位置は、引き違い窓を避けて細かい窓をデザインしてみましょう。縦長・横長・スクエアなど、形によって印象が変わりますのでいろいろなパターンを考えてみてください。

 

・屋根の形にこだわる

間取りも影響するため難しいところですが、屋根の形も外観づくりでは特にこだわりたいポイント。可愛い印象の三角屋根、モダンなフラット屋根、スタイリッシュな片流れ屋根など狙ったデザインに合わせてみましょう。

 

・1~2色に抑える

おしゃれなデザインを考えているとついたくさんカラーを使いたくなりますが、できれば1~2色に抑えましょう。3色以上使うとまとまりのないデザインになることが多いです。

カラーもホワイトやベージュ、グレーなど落ち着く色合いを選ぶと上品に仕上がります。色で個性を出すのではなく、上でご紹介した屋根や窓でおしゃれさを演出してみましょう。

 

【内装編】

おしゃれな新築内装

家の中についても、次の3つのポイントを心がけてみてください。

 

・シンプルにつくる

今回はいろいろな間取りのアイデアをご紹介しましたが、どのプランでも基本的にはシンプルにつくるのがおすすめです。

楽しいマイホームづくりではたくさんの夢を盛り込みたくなりますが、あれこれ詰め込むと雑多な印象になってしまいます。基本的な間取り構成でおしゃれに見せて、細かい部分はなるべくシンプルにつくると上品に仕上がります♪

 

・照明にこだわる

昼間の内装デザインも重要ですが、夕方から夜の見え方に関わる照明プランも重要です。照明にこだわると昼のお部屋とはガラッと印象が変わり、素敵な雰囲気を演出することができます。

間取りや内装デザインを考えるときは、同時に照明プランもトータルコーディネートしましょう。

 

・収納を多くつくる

せっかくおしゃれにつくった内装も、モノがあふれて生活感が丸出しになると台無しです。おしゃれなお部屋をキープするために、収納は十分な量を確保しましょう。

空間に溶け込むスッキリした収納デザインなら、おしゃれな内装の邪魔になりません。ただつくるのではなく、収納自体のデザインにもこだわってみましょう。

 

■まとめ:基本を抑えて一軒家をおしゃれに仕上げましょう♪

一軒家づくりではさまざまな間取りとデザインがあり悩ましいですが、基本的なコツやテクニックを抑えれば思い通りに仕上げることができます。今回ご紹介した間取りアイデアやコツを、住まいづくりに役立ててみてください。注文住宅づくりは自由な分考えることも多く大変ですが、理想のマイホームを目指して楽しく取り組みましょう。

 

 

■難易度の高い東京エリアの住まいづくりはウェルホームにご相談ください

土地の制限があり難易度の高い東京エリアの住まいづくりは、施工店の提案力とサポート体制が何より重要です。施工事例をたくさんチェックして、デザインバリエーションや暮らしやすさへの取り組みを確認しましょう。

わたしたちウェルホームは、東京・神奈川・埼玉エリアでの実績をもとに、理想の住まいづくりをサポートします。ここでご紹介した以外にもたくさんの施工事例を公開していますので、ぜひチェックしてみてください。

[short_works_more]

 

横浜・八王子・立川の自社モデルハウスも、ぜひお気軽にご活用ください。スタッフ一同、お待ちしております。

ウェルホームのモデルハウス

ハウスクエア横浜店

ウェルホームのモデルハウス

八王子店

立川店

 

【モデルハウスの詳細情報】

 

PAGE TOP