スタッフブログ
staffblog
                                                                                                                                                                
長期優良住宅とは??
スタッフブログ

こんにちは!
ウェルホーム立川店の山根 徳仁です。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回は、長期優良住宅についてご説明いたします。

 

 

まず、長期優良住宅とは何か?

 

 

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態を保てる住まいのことを指します。

世代間で受け継がれることで、資源を無駄にせず、長い目で見ると経済的におトクです!

 

 

 

 

 

 

 

 

長期優良住宅には認定基準項目というものがあります。
これらを満たすものが、長期優良住宅に認定することが出来ます。

 

・劣化対策
↳劣化対策等級3以上で、数世代にわたり住宅が使用できます。

 

・耐震性
↳耐震等級2以上、免震建築物などいずれかを満たす必要があります。

 

・維持管理・更新の容易性
↳内装・設備の維持管理を容易に行うために維持管理対策等級3以上の必要な措置が講じられています。

 

・省エネルギー性
↳断熱等性能等級4以上の省エネルギー性能が確保されています。

 

・居住環境
↳良好な景観の形成など、地域における居住環境の維持および向上に配慮されたものです。

 

・住戸面積
↳75㎡以上。少なくとも1階の床面積が40㎡以上必要です。

 

・維持保全計画
↳建築時から定期的な点検・補修等に関する計画が策定されています。

 

 

また、長期優良住宅に認定すると、こんなにいいことがあります!

例えば、

 

住宅ローン控除

 

登録免許税の税率の軽減

 

不動産取得税・固定資産税などの優遇措置

 

などがあります!

 

 

 

このように長期優良住宅は一定の基準を満たしている住宅なので、長い期間快適な生活が過ごせます。

 

 

ウェルホームでは、この長期優良住宅を標準仕様でご提案しております!

 

是非、家を建てるときはこの長期優良住宅について考えてみてはいかがでしょうか。

まずはこちらから!