スタッフブログ
staffblog
無垢の床材
スタッフブログ

こんにちは!WELLHOMES八王子店の菅原早希です🌸

普段お子様のお部屋として使っている場所を朝に水拭きしました☺

 

自分では凄く綺麗になったなあ~と感じてます♪

とても磨きがいのある床でした(笑)

 

 

以前ブログでフローリングのお色味についてお話したと思います。

そこで今回はフローリングついでに、無垢材についてもお話していきます

 

 

 

【無垢材】と聞くと、皆さんはどんな事を思い浮かべますか??

私は、暖かさや、木の香りを思い浮かべます( *´艸`)♪

体に優しそうなんていう印象を持っている方もいるかもしれません。

 

 

実際にはどんな特徴があるのでしょうか??

 

 

まず、無垢材のメリットから🌟

 

①心地よさ

木ならではの質感があります。木は熱の伝導率が低いため

タイルやフローリングと比べるとヒヤっとしにくい特徴もありますよ!

 

②経年変化が楽しめる

変化し風合いが変わるというデメリットを逆手にとっているようですが、

年数が経つにつれて風格が出てきます。アンティーク調がお好きな方にはおススメなポイントです。

 

③調湿効果がある

木はお部屋の中の湿度を調節してくれる効果があります。

なのでジメジメした季節のある日本にとっては

とても適している材質だとも言えます🌳

 

 

 

 

 

ではデメリットはどんなものがあるのでしょうか??

 

①コストの問題

無垢材は実はちょっとお高いのです!

それでも私は憧れてしまいます。

 

②湿気と乾燥の影響を受けやすい

さっきはメリットで調湿してくれるって言ってたのに~😖

と思われましたよね💦

 

木材には湿気を吸うと膨らんで、乾燥すると縮むという性質を持ち合わせています。

乾燥で床が沿ったり、隙間が空いてしまった!という事も起こりえるんです。

 

③傷がつきやすい

木材は意外と柔らかいので傷がつきやすいんです。

なので、傷がつく恐れがある方には、無垢材のような、凹凸のあるフローリングをおススメいたします。

 

 

ざっと、無垢材のご説明をいたしました。

無垢材はお掃除のやりがいがあって私は本当に大好きです☺

 

 

 

では、また♪