コラム
cus_columns
子育ての悩みを解決│間取りを工夫することで家族が笑顔になれる家づくり

リビング

家を購入する際、子供もまだ小さく、できることなら子育てがしやすい間取りにしたいと考える方も多いでしょう。

 

夫婦二人で暮らすのと子供がいるのとではライフスタイルにも大きな違いがあります。特に子供がまだ産まれて間もない、もしくは小学生前後であれば大人と同じような行動はとれないため、間取り等にも配慮しなければならないでしょう。

 

今回の記事では、子育て家庭で家を購入する際の間取りについて便利なポイントを解説していきます。快適に暮らせるだけでなく、子供の成長にも適した間取りについて、悩みや疑問がある方はぜひ参考にしてみてください。


目次
■子育て家庭のおうちの悩み
■ママに人気の子育てに適した間取りとは
・キッチン編
・洗面所編
・子供部屋編
■子育てを意識した間取りを決める際気を付けたいポイント
・子供は親と一緒にいたい
・子供の人数も大事
・子供が小さいうちは配慮が必要
■まとめ│子育てに適した間取りは家事の効率も上げる


■子育て家庭のおうちの悩み

子供部屋

実際の子育て家庭にはどのような悩みがあるのでしょうか。大人だけではないため、子供がいるからこその悩みというのは当然出てきます。

 

子育て家庭にある、家や間取りについての悩みや理想として多いのは以下の通りです。

 

・なるべく子供に目が届くようにしたい

・窓を大きくして家全体を明るくしたい

・水回りは広くきれいなものがいい

・家族が集まるリビングは広い方がいい

・今後子供が増えるとなると部屋数は多めの方がいいのか

・段差などはなるべく少ない方がいいのか

 

挙げたらきりがないですが、これ以外にもたくさんの悩みがあるでしょう。しかし、これらの悩みや要望を叶えることができれば子育てもより楽しいものとなり、家族が快適に暮らせる家が実現できます。

 

家を購入する前にあらかじめこれらの悩みや要望を書き出して整理しておくと、優先順位をつけられるため購入もスムーズに進むでしょう。

■ママに人気の子育てに適した間取りとは

オープンリビング

実際に子育てをしている家庭でママに人気の間取りとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ここでは、子育てママに人気の間取りを場所別に紹介していきます。

 

子育てに適した間取りは育児のストレスを減らすだけでなく、普段生活するうえでも家事などの効率を良くしてくれるものが多いです。

 

自分が住んでからのライフスタイルを想像しながら考えてみてください。

・キッチン編

 

乳幼児から小学校低学年くらいのお子さんがいる家庭であれば、キッチンから子供の様子が見られるということがとても重要であると理解できるでしょう。

 

オープンキッチンにすることでキッチンにいながらリビング全体が見渡せるため、常に子供の目の届く場所で家事を行えます。

 

特に小さい子供は家にいる間はリビングで過ごすことが多いため、常に子供の顔が見られるのは大きなメリットとなります。

 

最近はこのようなオープンキッチンの家が人気であるため、子育て家庭であれば第一候補として選択できるのではないでしょうか。

 

キッチン自体も広々としているため、子供が大きくなったら一緒に並んで料理するなどといったコミュニケーションも取りやすいでしょう。

・洗面所編

洗面所

洗面所についても子育てに便利な間取りがあることを知っていましたか?

 

・洗面所、浴室、物干しをまとめる

・洗面所はキッチンの隣に配置する

・洗面台を2つにする

 

これらの工夫をすることで子育てだけでなく、日常の家事も効率を上げることができます。

 

物干しなどを一カ所にまとめることで家事動線を大幅に短縮することが可能となります。

 

また、洗面台を2つにするダブルボウルも最近では人気があり、朝の混雑を回避することが可能です。

 

さらに、洗面所をキッチンの隣にすることで冬場など洗面所が寒くなってしまうことを防げます。大人であれば気にならないかもしれませんが、小さな子供であればお風呂上りに身体が冷えて風邪を引いてしまう恐れがあるなど、親は心配になるでしょう。

 

しかし、キッチンの隣に洗面所を配置することでそのような精神的な負担を軽減できるほか、家事動線も短くできるためおすすめです。

・子供部屋編

子供の人数や年齢にもよりますが、まだ子供が小さい場合すぐに子供部屋を使う必要ないでしょう。

 

兄弟がいてある程度子供が大きくなってきた場合、勉強や趣味など子供が自由にできるスペースが必要となるため、子供部屋を活用することと思います。

 

子供が小さい場合はあえて子供部屋は作らず、両親との共同スペースに子供の自由空間を設けるとよいでしょう。

 

学校の勉強の話や会話など、子供がなるべく親と触れ合える空間をつくることで家族間のコミュニケーションも活発にとることができ、子供にとってもメリットとなります。

 

少しずつ年齢を重ねていく段階で少しずつ自立させていくことで、子供の成長を促すこともできるでしょう。

■子育てを意識した間取りを決める際気を付けたいポイント

オープンリビング

家を購入する際間取りについては色々と検討を重ねるでしょう。

 

実際に子育てを意識した間取りにする際どのような点に気をつければよいのか、その点について解説していきます。

・子供は親と一緒にいたい

子供が小さいうちはなるべくであれば親と一緒にいる時間を設けることが大事です。

 

子供は親の姿が目に入っているだけでも満足することが多いため、常に一緒に何かをするわけではなく、同じ空間にいられる時間を長く確保できることがポイントとなります。

 

特に子供が小さいうちは何をするにも親に見てもらいたいと思うのが子供の心理であるため、そのような時に近くにいられないことで子供の成長のきっかけを逃すことにもつながりかねません。

 

子供の成長を見届けたいのであれば、家族が同じ空間で過ごせるような間取りを考える必要があるといえるでしょう。

・子供の人数も大事

子供の人数によって部屋の数も変わるため、間取りにも工夫が必要です。

 

これからさらに家族が増える可能性があるのであれば、各々の部屋だけでなく、収納スペースや玄関の広さなど考えるべきポイントはいくつもあります。

 

子供の人数によっては机の数やベッドの数、性別が異なるのであれば行く行くは部屋も別々になることを考え、あらかじめ余裕を持った間取りに設定することが重要です。

 

家族一人ひとりがそれぞれのプライベートな空間を持ちつつ、団らんの場も設けるとなると、家を購入する前に決めておかなければならないことはたくさんあります。

・子供が小さいうちは配慮が必要

子供がまだ小学生にも満たない場合、部屋の間取りや物の配置によっては親が気を付けておかなければならないこともあります。

 

小さな子供の手の届く範囲に危ないものを置かない、つくらないといった、使い勝手を求めた結果子供にケガをさせてしまうようなことにならないよう注意が必要です。

 

収納スペースや棚、段差など大人では気付かなくても子供にとっては危険である可能性が高いものはたくさんあります。

 

そのような配慮を忘れず間取りを考えましょう。

■まとめ│子育てに適した間取りは家事の効率も上げる

リビング

子育てに適した人気の間取りはママの家事効率も上げてくれます。

 

家事の効率を上げつつ、子供の安全、子供の成長にプラスとなる間取りを検討しましょう。

 

特に家の購入や育児が初めてである場合、分からないことばかりだと思います。

 

これから家を購入する子育て家庭の方に最適なプランを提案して言いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

【ウェルホームの住まいづくり】