スタッフブログ
staffblog
窓枠のプラン
スタッフブログ

こんにちは!WELLHOMES八王子店の菅原早希です🌸

 

今回は、窓の形ごとにどんな効果があるのか…などをご紹介いたしますね🎵

 

 

まず初めに、同じサイズや形の窓だったとしても

取り付ける高さや、横長か縦長なのかという所でも光の採れ方に違いがでてきます。

 

 

視線が気になるのであれば、高いところに取り付けますし、

家の四方が光を採れない場合は、天窓という天井に窓を付けることもあります。

 

このように、立地や家の建ち方によって窓も変化させなくてはなりません。

 

 

次に、今回は窓を2つご紹介いたします。

 

①ハイサイドライト

こちらは天井の近くに取り付ける窓になります。

道路がすぐ隣接する1階の壁面に使われることがあります。

なぜかと言うと、視線が気にならないのでプライバシーを守ることができるからです。

 

また、壁や天井に反射させて、光を採り入れる効果もあるので

柔らかい安定した光が入ってきます。

 

②ローサイドライト

先程のハイサイドライトと同じ大きさのものを用意しました。

この窓は床近くに取り付ける窓になっていて

直射日光が入りにくい窓になっています。

熱を遮りながら、柔らかい光を採り入れる効果があります。

西日が強いお部屋の壁面に使ってもいいと思います!

 

その他には、ハイサイドライトと同じように、

道路沿いの部屋でも良いですし、玄関に設置することもあります。

また、直接床に座る事が多い和室は、視線が低いので

このローサイドライトを使うのもおススメです。

 

今回はここまでです🎵

 

また続きを書きますので、お楽しみに🌟