コラム
cus_columns
新築の照明選びをあと回しにしてはいけない理由|東京のおしゃれなライティング実例

おしゃれな新築照明

新築住宅の内装プランを考えるのはとても楽しい時間ですが、「照明は後で量販店で買う」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。電源だけつけておいて後でじっくり選ぶのも一つの手ですが、間取りと一緒に照明も考えることでとってもおしゃれに仕上がります。

今回は新築住宅のおしゃれな照明プランにスポットをあてて、実際の新築実例もご紹介します。これからマイホームづくりを検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

 


目次
■新築の照明選びを後回しにしてはいけない理由
■おしゃれな照明プランの新築実例
■新築住宅の主な照明種類
■【間取り別】おしゃれな照明プランのコツ
■新築照明選びのよくある失敗例


 

■新築の照明選びを後回しにしてはいけない理由

おしゃれな照明のリビング

冒頭でもお伝えした通り、新築の照明は後回しにして自分で買ってくるイメージの方も多いと思いますが、できれば間取りと一緒に考えるのがおすすめ。その理由を一つずつ見ていきましょう。

 

・ライティングでワンランク上のデザインにできる

おしゃれな部屋作りはフローリングや壁紙選び、間取りの工夫などが重要ですが、ライティングにこだわるとさらにおしゃれに仕上げることができます。

光の当たり方や色温度に工夫するだけでワンランク上のデザインに見せることができますので、費用対効果が大きいです。後付けのシーリングライトでは選べないダウンライトやダクトレール照明を使えるのも、間取りと照明プランを一緒に考えるメリット。

 

・自宅で過ごす時間は夜が多い

自然光が入る明るい間取りづくりも大切ですが、仕事帰りや家事終わりのリラックスタイムなど夜のおうち時間の方が長い方も多いと思います。優雅な雰囲気の中で囲む食卓や家族の団らんは、日々の疲れを癒して生活の彩りになってくれます。

 

・照明プランは後で変更できない

照明の配線は天井や壁裏の見えない部分を通すため、基本的に完成後に変更することはできません。もし先々リフォームで照明プランを変えようと思うと、天井や壁を一部切り開いて復旧する手間と費用が掛かります。後から「こうすればよかった」と感じてしまうと、我慢しながら毎日過ごすことになってしまいます。とりあえず一部屋にひとつ電源をつけておくだけではなく、間取りに合わせてしっかり照明プランを考えましょう。

 

■おしゃれな照明プランの新築実例

事例①

照明がおしゃれなLDK

大きなLDKはダウンライトメインでスッキリと仕上げ、スポットライトでソファを照らしてメリハリをつけています。

 

ブラケットライトがおしゃれな寝室

寝室もシーリングライトを使わず、ダウンライトで圧迫感なくスッキリした仕上がり。ベッドサイドのブラケットライトがアクセントウォールを優しく照らして、リラックスタイムを演出しています。

 

【中庭から光がふりそそぐスタイリッシュモダン2世帯住宅】

 

 

事例②

間接照明のリビング

リビングのアクセントウォールを際立たせる間接照明は、垂直方向から照らすことで質感を強調してよりおしゃれに魅せてくれます。

 

【中庭へと繋がる光が溢れた家】

 

事例③

ダウンライトとシーリングライトのLDK

十分な明るさを確保できるシーリングライトと、落ち着いた雰囲気になるダウンライトを使い分けられるリビングの照明プランです。

 

間接照明がおしゃれなLDK

キッチンの天井には間接照明も使って、上品で高級感のある空間に。

 

【上質な空間とスタイリッシュさで、暖かみのある素敵な住まい。】

 

■新築住宅の主な照明種類

一般的な住宅で使うことが多い、主な照明についてそれぞれの特徴を解説します。

 

・シーリングライト

新築のシーリングライト

天井の器具に引っ掛けて固定する照明器具で、見かけることが多いスタンダードな形式です。1つのシーリングライトで部屋全体を照らすのが基本で、均一的な明るさを確保しやすいです。なるべくお部屋の天井をスッキリ仕上げたい場合におすすめで、交換やお掃除のメンテナンスがしやすいのも特徴。

 

・ダウンライト

おしゃれなダウンライトの和室

天井に埋め込むタイプのため、器具自体が見えずにスッキリ仕上がるのがダウンライトの特徴です。どのようなテイストにも合わせやすく、光の範囲が限定的なので明暗をつけて落ち着く雰囲気に仕上げやすいです。複数配置してメイン照明として使ったり、系統を分けて補助照明にしたりさまざまな使い方に対応できます。

 

・ペンダントライト

ダイニングテーブルとペンダントライト

天井からチェーンやロープなどで吊るすタイプの照明で、器具自体がおしゃれなインテリア性を持つのが特徴。広い範囲を照らすのは苦手なので、ダイニングテーブルやキッチンカウンターなどスポット的に使われることが多いです。色温度や光の当て方で料理がおいしく見えるのもペンダントライトの魅力。

 

・ブラケットライト

デスクスペースのブラケットライト

壁に設置する補助照明的な使い方がメインで、空間のおしゃれなアクセントになるのが魅力。壁の凹凸を強調したり、光の広がり方で柔らかい印象を出したりとデザイン性が高い照明器具です。

 

・間接照明

テレビ裏の間接照明

天井や壁面の裏側に照明を配置して、反射した柔らかい光で照らす方式です。光源を全く見せないためナチュラルテイストや高級感のあるホテルテイストと相性が良く、おしゃれ度が高いのが特徴。

 

・スポットライト

ダクトレール照明のスポットライト

狭い範囲を照らすスポットライトは、アクセントウォールや観葉植物などを強調するのが得意な照明器具です。複数使いで空間にメリハリをつけて、昼間とは違った雰囲気に仕上げることができます。

 

■【間取り別】おしゃれな照明プランのコツ

住まいの中の間取り別に、照明プランでおしゃれに仕上げるコツやテクニックを解説します。

 

・リビング/ダイニング/キッチン

奥行のあるLDK

住まいの中で一番広いLDKは、それぞれのスペースでの過ごし方に合わせた照明プランが大切です。ソファ・テーブル・作業スペースなどそれぞれの場所に影ができないよう、照明の配置を考えましょう。

広い間取りは全体を均一に照らすのではなく、複数の照明器具でメリハリをつけるとおしゃれに仕上がります。スポットライトや間接照明を使い、テレビやギャラリースペースなどをピンポイントで強調してみましょう。

 

・寝室

照明がおしゃれな寝室

おやすみ前のリラックスタイムを過ごすことが多い寝室は、光源がまぶしくない照明器具を中心に組み立てるのがおしゃれです。ダウンライトやブラケット照明など、柔らかく明暗の付くものを選びましょう。

 

・玄関/廊下

ダウンライトのスッキリした玄関

ほかのお部屋とくらべて床面積が小さい玄関や廊下は、なるべくスッキリ仕上げて圧迫感を出さない方がおしゃれに仕上がります。ダウンライトを使うとスタイリッシュな印象も出るためおすすめ。

お客さまを迎えることもある玄関回りは、間接照明やフットライトなどを使うと上品に高級感を演出できます。

 

・外回り

新築住宅の外観

夜間の目印となる表札等や玄関等は、デザインや照らし方にこだわることで外観をよりおしゃれに仕上げてくれます。上から照らすだけでなく、足元から照らすなどいろいろなパターンを考えてみましょう。シンボルツリーを照らすのも定番のオシャレライティングテクニックです。

 

■新築照明選びのよくある失敗例と対策

照明がおしゃれなリビング

先輩たちのよくある照明プランの失敗例から、対策をセットで学んでいきましょう。

 

・模様替えしたら照明がずれてしまった

ダウンライトやスポットライトなど範囲が狭い照明器具は、模様替えでソファやテーブルを動かすと違和感が出てしまうケースがあります。

 

【対策】⇒可動式の照明器具を選ぶ

リビングなど模様替えの可能性がある間取りの場合、照射範囲を動かせる照明器具を選ぶと将来対応しやすいです。

照明器具を簡単に付け替えることができるダクトレールは、家具の位置に合わせて微調整も可能。器具の中で向きを変えられるダウンライトもありますので、場所によっては検討してみましょう。

 

・思ったより明るい/暗い

カタログにあるスペックだけだと実際の明るさはつかみにくく、暮らしてみたら思ったより明るくてまぶしい、暗くて寂しいといった失敗も多いようです。

 

【対策①】⇒メイン照明と補助照明を使い分ける

さまざまな過ごし方をするリビングでは、メイン照明と補助照明の2系統に分けておくと失敗を防ぎやすいです。

スマホやパソコンを使うときはメイン照明で十分な光量を確保し、リラックスして映画や音楽を楽しむときはサブ照明で落ち着く明かりに調整するといった具合です。過ごし方に合わせてベストな明るさを選べるようにしましょう。

 

【対策②】⇒調光機能付き照明器具を選ぶ

ON・OFFだけでなく、明るさを数段階に調整できる照明器具を選ぶのも有効な対策です。一般的なシーリングライトだけでなく、ダウンライトや間接照明でも調光機能をつけることができます。1つの照明器具にまとめてスッキリ仕上げたいときは、調光機能付きの物を優先して選ぶと良いでしょう。

 

・スイッチ操作しにくい

広いリビングや廊下など、移動距離が長い間取りではスイッチが遠くて操作しにくいというのもよくある失敗ケース。

 

【対策】⇒リモコン操作にする

リモコン対応の照明器具なら、後から移動できないスイッチより柔軟に対応できて使いやすいです。リモコンの紛失が心配な場合、スマートフォンから操作できる照明器具もメーカーからリリースされているのでおすすめ。いつも手元にあるスマホなら、帰宅後にリモコンを探してあたふたすることもありませんね。

 

■まとめ:おしゃれな照明の新築は東京のWELL HOMESへ

住まいのデザインにとって大切な要素である照明プランは、新築時にしっかりこだわっておしゃれに仕上げましょう。間取りプランと同様に、自由にカスタマイズできる住まいづくりが重要です。

わたしたちWELL HOMESは、東京都の立川・八王子エリアを中心に埼玉・神奈川の一部まで住まいづくりをお手伝いしています。おしゃれな照明プランづくりの参考になるモデルハウスも、八王子・立川・横浜の3カ所にご用意しています。ぜひお気がるにご来場ください。

 

ウェルホームのモデルハウス

ハウスクエア横浜店

ウェルホームのモデルハウス

八王子店

立川店