家事とつなげる収納設計|片付けが楽になるこだわりの注文住宅

あなたは片付けや収納が得意ですか?

よくテレビや雑誌で、効率的なお片付け法や便利な収納術などが取り上げられていますよね。キレイに片付けられた家は、気持ちがよく、どこに何があるのかが明確で、掃除や家事の効率もよくスマートな印象です。

一方で、物があちこちに散乱している家では、掃除や家事がままならないどころか、見た目の印象も悪く、ご家族の生活や精神に不満や苛立ちを起こすかもしれません。

この片付けという行動は、収納の質を高めることで格段にスムーズになるものです。ご家族の暮らしに合う収納サイズはもちろん、使い勝手のよい配置を十分に検討することで、スッキリと見栄えよく、収納力に優れた便利な生活・家事のできる家づくりが完成します。

せっかく、こだわりの注文住宅を建てるのですから、ご家族の快適な日常を守るために、家族構成やライフスタイル、趣味、将来の可能性を考えた収納スペースづくりに力を入れてみましょう。

 

 

 


目次
■家事と収納をつなげるメリット
■収納スペース|失敗例と解決策
■収納スペース事例
■まとめ


 

 

 

 

■家事と収納をつなげるメリット

自由度の高い間取りやデザインにこだわる注文住宅だからこそ、収納設計に対してもご家族の理想や条件を盛り込んでみてはいかがでしょう。

ご家族にとっての暮らしやすい家、部屋づくりをするために、各場所における適切かつ使い勝手のよい収納スペースは欠かせませんよね?

例えば、料理に使う食材や道具がキッチンに揃っているように、脱衣所には、脱ぎ着する服やタオル、入浴・洗面に必要なものが効率よく使えるように収納されている、玄関には、コートや小物、カギなどが外出準備の流れで取り出せて、帰宅時にはそのまま収納できるスペースがあれば、無駄な移動や時間をかけずに済みます。

それぞれ使用する場所に片付けるものを集約することで、収納効率が上がり、物の管理もしやすくなる仕組みができ上がります。

 

 

・自由設計

一般的なハウスメーカーや工務店では、ある程度の型が決まった間取りを提案されることがあり、その場合限られた収納スペースしか確保できないことが多くあります。

収納は、ご家族の人数やライフスタイルによって必要なサイズや配置を決めるのが理想的です。そのため、標準仕様の収納サイズや配置では、暮らし始めてからの生活・家事動線、収納力に支障や不満が出てくるのは当然かもしれません。

家を建ててからの失敗や後悔を避けるためには、取って付けたような収納スペースではなく、収納について慎重に考えた間取り設計を行う必要があります。

ご家族の暮らしから考える自由設計プランであれば、「収納」にもご家族の理想を反映させることができ、それが暮らしやすさにつながることでしょう。

 

【ファミリーライブラリーを設けた家族時間も意識したライフスタイル。|立川市】

 

 

・こだわりをカタチに

それでは、実際にどのような「収納」が生活・家事動線にメリットを与えてくれるのでしょうか?

 

 

■シューズクローク

玄関クロークとも呼ばれるスペースで、靴や外出用品、ベビーカー、アウトドア用品などを収納するための空間です。玄関とつながっているため、外出時や帰宅時にそのままシューズクロークを通過して、片付けながら室内に入ることができるので、効率的です。また、外からのものを室内に持ち込まないメリットもあります。

庭や外に置きづらい物や、家の中にある方が安心な物が意外と多いのが現実。かと言って、玄関先にごちゃごちゃと物が多いのは、見た目にもよくありません。

玄関脇にシューズクロークがあれば、玄関をスッキリとさせながら、忙しい外出時に必要な物がひと目で見つかり、すぐに取り出せるので便利です。

 

■キッチンパントリー(食品収納庫)

キッチンの背面や横並びに、キッチン用品のストックやかさばる食材などを収納するキッチンパントリーを設けるのもおすすめです。

例えば、防災時の蓄えとしてストックしてある保存食品や調味料、乾物、飲料、キッチンペーパーなどの台所用品は、場所をとるので収納場所に困りがちです。目の届かない場所にしまっておきたいところですが、そうなると在庫管理が難しくなります。ところが、家事部屋の要素を持つキッチンパントリーがあれば、収納も取り出しも在庫の確認でさえ日常的に行いやすいので便利です。

また、玄関に直結したパントリーにすることで、買い物から帰った後の荷物の移動も楽になります。

 

■ウォークインクローゼット

共働き家庭が多くを占める今、ウォークインクローゼットを確保して、洗濯物を畳む手間や衣替えの手間を省くスタイルを選択するご家族が増えています。ひと目で自分の服や帽子、バック、小物を見つけることができ、管理しやすいのもメリットです。

収納だけのクローゼットとは違い、大きな荷物が保管できることはもちろん、移動スペースがある分その部屋でコーディネートをして着替えを済ませてしまうことも可能です。

 

■屋根裏部屋・ロフト

屋根裏部屋やロフトといった、固定資産税の対象とならないスペースを設けて収納に活用するという方法もあります。

日常的な使い勝手とはかけ離れたイメージを持たれるかもしれませんが、例えば、お子様が小さいうちは子供部屋や秘密基地として趣味や遊びのスペースとして活用し将来は日常的に使うもの以外を収納する場所にしたり、狭小住宅のスペース確保に利用したりして、暮らしの空間にゆとりを持たせるという方法もおすすめです。

 

■壁面収納

生活感を出したくない、またはスッキリと収納を隠したいというご家族には、リビングやキッチンの壁面収納がおすすめです。収納にこだわるご家族やデザイン性の高さ、掃除のしやすさにおいても、キッチンの食器棚やリビングのテレビ・オーディオ機器を壁面収納に組み込むスマートな設計方法は人気の収納スタイルです。

壁面収納を活用すれば、天井から床まで壁全面を収納に利用することができ、見た目が壁のようにフラットなためスッキリとスタイリッシュな印象を与えてくれます。

 

【家族のこだわり溢れる、リゾートホテルライクな暮らし。|八王子市】

 

 

 

■収納スペース|失敗例と解決策

次に、生活をはじめてから気になった失敗例やその解決策を見ていきましょう。

 

 

・生活・家事動線に注目

 

失敗① 子供のランドセルや勉強道具の収納スペースや片付け動線が効率的ではない…

解決策⇒ お子様の成長過程まで考えた収納スペースの設計はなかなか難しいものです。

小学校に上がるころ、お子様の荷物は急に増えて片付ける場所やサイズに困ることが多くあります。お子様が自分で教科書や勉強道具を整理しやすく、使いやすく収納できるスペースの確保が必要です。

しかし、お子様がまだ低学年のうちは、勉強や部屋の様子、荷物の準備など、親の目の届くところにある方が便利な場合が多くあります。そのため、完全な子供部屋とは別に、リビング学習の時期にも便利な収納スペースを配置しておくのもよいかもしれません。

 

失敗② まとめて収納できるスペースを設けたが片付けや整理がうまくできない…

解決策⇒ 収納スペースが足りなくならないようにと、とにかく何でも入る広いスペースを考えてしまいがちですが、物が入るだけではなく、収納+取り出しやすさを考えた使い勝手のよい収納空間でなければ使い物になりません。

また、何でも入るまとまった収納スペースよりも、どこで何に使うのか?を考えて小さくてもその部屋、場所に合った収納スペースを配置した方が生活・家事動線の効率だけではなく整理整頓にも効果を発揮しやすくなります。

 

 

・サイズや使い勝手に注目

 

失敗③ デザイン重視のスタイリッシュなキッチンにしたものの収納スペースが足りない…

解決策⇒ 開放的でスタイリッシュなアイランドキッチン、生活感の出ないおしゃれなデザインキッチンのはずが、十分な収納スペースがないために食器や調味料、調理器具が出たままになってしまっては元も子もありませんよね。
こだわりのキッチン台がごちゃごちゃと散らかってしまわないように、目隠しや扉のある壁面収納やキッチンパントリーを採用して、直接お客様からは見えない収納にすることをおすすめします。

 

失敗④ 持ち帰った荷物で玄関が狭い…

解決策⇒ 特に小さなお子様がいるご家庭では、ベビーカーやお子様が外で使う大型のおもちゃなど買い物の荷物以外にもかさばる物が玄関を占領してしまい、出入りがスムーズでなくなる状況が生まれます。これは、玄関を広くしたところで見栄えがよくなるものではありませんよね。玄関での混雑を避けるためにもご家族の人数や物の量に合ったサイズのシューズクロークを設けることで、忙しい朝夕の玄関の出入りをスムーズかつ機能的にしてくれます。

 

 

 

■収納スペース事例

 

【玄関】

玄関をスッキリ開放的に魅せるためにシューズクロークを設けました。

シューズクロークに小窓を配置することで明るく圧迫感のない空間に仕上がっています。

 

 

 

【キッチン】

キッチンの背面に扉付きの大きな棚を配置。
生活感が出てしまいがちな家電や調理器具などをここに収納することでスッキリとしたおしゃれな空間を守れます。

 

 

 

【トイレ】

壁紙から小窓、備え付け棚までこだわりを詰め込んだ小部屋のようなトイレ空間です。隠したい掃除道具やトイレットペーパー、サニタリ―用品など、快適に収納しやすく、取り出しやすいおしゃれな設計が完成しました。

 

 

 

【書斎】

壁面収納で効率よく閲覧できるスマートな本棚が魅力的です。

 

 

 

■まとめ

ご家族の快適な暮らしや便利な生活に欠かせない収納術。

ご家族のライフスタイルや家族構成によっても必要な収納力や適切な配置が変わってきます。

今の住まいの収納スペースや収納量を参考に将来あると便利そうな場所や広さをよくご家族で話し合い検討することが大切です。

暮らしの快適さを左右する意外な収納の重要性を忘れずに、日常の生活スタイルを見直してみましょう。その上で、家の間取りや部屋の配分を決めると同時に理想の収納サイズや効率、配置をデザインすることをおすすめします。

 

 

 

■東京・神奈川・埼玉で「使い勝手のよい収納」にこだわる注文住宅を建てるならウェルホームへ

ご家族構成、土地の条件、ご趣味など、本当に様々な要素やご要望によって、家づくりのコンセプトが決まります。
ご要望をお応えするにも、本当に意図しているものを設計する力と実現する力がなければなりません。壁面収納やインテリア収納、可動間切り収納など、それぞれに適した条件で当社専属の設計士があなたのご要望にかなったプランをご提案いたします。

 

新築住宅の平面図

 

【ウェルホームの住まいづくり】

 

 

八王子・立川・横浜には、玄関も含めた間取りを体感いただける自社モデルハウスもご用意しています。イメージづくりや間取りの参考に、お気軽にご活用ください。スタッフ一同お待ちしております。

ウェルホームのモデルハウス

ハウスクエア横浜店

ウェルホームのモデルハウス

八王子店

立川店

[short_works_more]

PAGE TOP