国分寺市の土地価格相場情報をチェック

■国分寺市の土地は平均37万5687円/m2

国分寺市の土地購入の平均価格

375687/m2

坪単価:1241942

(全国平均)

149978/m2

坪単価:495796

(同県(都)平均)

839661/m2

坪単価:2775741

最も高い地域:西国分寺

297333/m2

坪単価:982920

東京都の中央部、約11km2の面積に12万人弱の人口を擁する国分寺市。ここでは、そんな国分寺市の土地相場情報を紹介していきます。

ま ず、国分寺市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独 自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、37万5687円/m2(坪単価:124万1942円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、その2倍以上と比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内にはJR中央本線や武蔵野線、南武線、西武国分寺線などが走っていますが、そういった路線に近いほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは西国分寺エリアで29万7333円(坪単価:98万2920円)、次いで恋ヶ窪となっています。平成27年の公 示地価で最も高額だったのは、「本町2-10-5」で132万0000円/m2(坪単価:436万3636円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は29万3695円/m2(坪単価:87万1721円)。商業地の平均価格は66万1888円/ m2(坪単価:218万8062円)となっており、宅地と商業地の差には一定の開きがあると言えます。

■複数路線の乗り入れる交通の要所、国分寺市
東京都のほぼ中央に位置し、東は小金井市、西は立川市、南は府中市と国立市、北は小平市に接する国分寺市。面積は約11km2とコンパクトですが、その大部分が平坦な土地となっており、これを活かした住宅都市として成長してきました。

市の名前の由来は、字のごとく「国分寺」があることから来ています。奈良時代、聖武天皇が「国分寺建立の詔」を出し、日本各地に国分寺が建立されていく中、武蔵国の国府があった府中にほど近いこのエリアには武蔵国分寺が置かれました。

発 展の礎となったのは明治時代の鉄道開通。甲武鉄道と川越鉄道という2つの路線の分岐点としてこの地域が選ばれると、交通の要所として成長。大正時代には別 荘地として整備され、その後昭和に入ってからは住宅都市として発展し、昭和15年の町制施行、昭和39年の市制施行を経て現在の姿となっています。

都 心のベッドタウンという性質上、中心的な産業は小売業やサービス業。商業的な中心地は、複数路線の乗り入れがあり、国分寺駅周辺は交通の要所ともなってい ます。また、農業面ではうどやブルーベリーなどが名産で、6~9月にはブルーベリーの摘み取り体験ができる農園もあります。

市が取り組んで いる独自の取り組みに「まちづくり条例」があります。市内に残る「国分寺崖線」などの緑地を保全していくため、開発にあたってはまず住民と事業者で調整を 行った上で、市を含めて協議するという仕組みとなっており、市や市民が自主的に行う環境保全に向けた取り組みとして話題となりました。

■国分寺市の土地評価額の動向
過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に41万4620円/m2(坪単価:137万0646円)を付けてピークを迎 えますが、そこから2012年までは下落傾向。2013年で上昇に転じ、それ以降2015年までは継続して上がっています。2015年の地価を対前年比で 見ると、約1.41%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約5万9000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアだと言えそうです。
■国分寺市の地価ランキングは全国26位
それでは、改めて国分寺市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、26位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、25位。また、対前年比の地価上昇率1.41%は全国で154位、東京都内では26位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では練馬区や小金井市、調布市、江戸川区など。全国から探していくと、川崎市(神奈川)と近い数値となっています。

■総括
国分寺市の商業的な中心となっているのは、やはり国分寺駅の周辺ですが、商業地としてはいくつかの課題があります。主だったところでは、回遊性に乏しいことや、住宅によって既存商店街が分断していること、また駅前に個性がないことなどの声が寄せられています。

こ れを受けて駅前では再開発を計画しており、その目玉プロジェクトとなっているのが、北口再開発ビルの建築で、平成29年度の開発を目指して既に工事が始 まっています。三越伊勢丹の誘致などが予定されており、これにより経済効果が上がれば、駅前の地価が大幅に上昇するとになると考えられます。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP