所沢市の土地価格相場情報をチェック

■所沢市の土地は平9万9033円/m2

所沢市の土地購入の平均価格

197007/m2

坪単価:651263

(全国平均)

149978/m2

坪単価:495796

(同県(都)平均)

139066/m2

坪単価:459722

最も高い地域:所沢駅

282684/m2

坪単価:934493

埼玉県南西部にあり、人口約34万人を擁する所沢市。ここでは、そんな所沢市の土地相場情報を紹介していきます。

ま ず、所沢市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自 に算出されているデータです。平成27年で見てみると、19万7007円/m2(坪単価:65万1263円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)、埼玉県の平均は13万9066円/m2(坪単価:45万9722円)ですので、県内で見ても全国で見ても、比較的地価の高いエリアと言えます。

市内にはJR武蔵野線、西武新宿線、西武池袋線などが走っていますが、そういった路線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは所沢駅エリアで28万2684円(坪単価:93万4493円)、次いで航空公園、新所沢となっており、いずれも 西武新宿線の駅から近いエリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「日吉町2-2」で105万0000円/m2(坪単価:347 万1074円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は16万2141円/m2(坪単価:53万6003円)。商業地の平均価格は35万5066円/ m2(坪単価:117万3774円)となっています。

■都内へのアクセス良好なベッドタウン、所沢市
中心地の所沢駅から池袋まで20分強、新宿まで40分弱。埼玉県にありながら東京都心へのアクセスがよいことで人気のベッドタウン、所沢市。昭和25年に県内8番目の市として誕生し、当時は約4万人だった人口は、現在約34万人の規模となっています。

歴史的にも、この市域には縄文・弥生時代の住居跡が多く見られることから、住居の密集地であったと考えられています。また、江戸時代には鎌倉街道の宿場町として、商業が盛んなエリアでもあり、特に名産である織物や狭山茶などを中心に交易が行われてきました。

市内に走る路線はJR武蔵野線、西武新宿線、西武池袋線。また、西武狭山線の終点・西武球場前駅には、埼玉西武ライオンズの本拠地である西武プリンスドームがあり、試合のある日には大変な賑わいを見せます。

市 内の商業的な中心は西武新宿線と池袋線が乗り入れる所沢駅ですが、最近では周辺の市に大型商業施設が続々と完成しているため(三井アウトレットパーク、コ ストコ、イオンモール等)、かつてほどの賑わいはありません。これを受けて、現在駅の周辺で大規模な再開発が計画されています。

市独自の取り組みとしては、「所沢市空き家等の適正管理に関する条例」を全国に先駆けて制定することで注目を集めました。これは、管理不全な空き家について、市の勧告に従わない場合は氏名公表、警察への依頼、家の撤去などを行えるという点で画期的な条例とされています。

環境への取り組みにも注力しており、特にスマートフォン向けのアプリ「所沢市ごみ分別アプリ-わけトコっ!」は好評を得ています。

■所沢市の土地評価額の動向
過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に22万5847円/m2(坪単価:74万6004円)を付けてピークを迎え ますが、そこから2012年までは下落傾向。2013年以降は2015年まで、継続して上昇しています。2015年の地価を対前年比で見ると、約 0.63%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約3万6000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

■所沢市の地価ランキングは全国70位
それでは、改めて所沢市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、70位にランクされており、埼玉県内の順位は63市町村中、8位。また、対前年比の地価上昇率0.63%は全国で238位、埼玉県内では13位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、県内では新座市や富士見市、全国から探していくと、池田市(大阪)、大和市(神奈川)、福生市(東京)、茨木市(大阪)などと近い数値となっています。

■総括
市の商業的な中心地として栄え、市内でも地価の高額な所沢駅周辺ですが、道路整備の遅れや商業活動の低下などの課題を抱えることとなっています。このエリ アの中でも銀座地区、日東地区、所沢駅西口地区は、これら課題の解消に向けて再開発が進む計画であり、これにより地価の上昇も見込まれています。

また東口にも西部グループを中心として「所沢駅東口駅ビル計画」が進んでいます。店舗面積約1万8500m2もの規模になる予定で、2020年夏ごろの開業を予定(I期は2018年春ごろ)。これによって駅周辺が活性化することが予想されますので、注目したいところです。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP