昭島市の土地価格相場情報をチェック

■昭島市の土地は平均19万1857円/m2

昭島市の土地購入の平均価格

191857/m2

坪単価:634238

(全国平均)

149978/m2

坪単価:495796

(同県(都)平均)

839661/m2

坪単価:2775741

最も高い地域:西立川

241166/m2

坪単価:797245

東京都の中央部に位置し、立川市や福生市、八王子市、日野市に接する昭島市。ここでは、そんな昭島市の土地相場情報を紹介していきます。

ま ず、昭島市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自 に算出されているデータです。平成27年で見てみると、19万1857円/m2(坪単価:63万4238円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内にはJR青梅線や八高線などが走っていますが、そういった路線に近いほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは西立川エリアで24万1166円(坪単価:79万7245円)、次いで中神、東中神で、いずれも市の東部となっ ています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「昭和町5-10-17」で38万3000円/m2(坪単価:126万6115円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は17万6071円/m2(坪単価:58万2054円)。商業地の平均価格は29万9400円/ m2(坪単価:98万9752円)となっています。

■水と緑を豊富に残す住宅都市、昭島市
都心から約35kmの市に17.34km2の面積を持つ昭島市。縄文時代早期の住居跡などが発見されるなど、古くから人が定住していたエリアです。江戸時代、徳川幕府が日光東照宮を建立すると、日光街道の要所となった拝島が宿場町として発展しました。

昭 和に入ると、立川飛行場に近かったことから航空機関係の軍需工場、そして陸軍施設が建設されることとなり、それに伴って人口が急増。併せて昭和16年に町 制施行しました。戦後は昭和29年に東京都で7番目の市として市制施行。その後は工業誘致と大型団地の建設によってさらに人口は成長し、現在では約11万 人が住む都市となっています。

昭和に多く誘致された工場も、現在では閉鎖などが見られ、その跡地には大型マンションが建設されるなどしてお り、工業地と住宅街の共存が課題となっています。商業的には昭島、東中神、拝島、中神といった各駅周辺に商業施設が立地。特に昭島駅北側には大型商業施設 のモリタウンを中心に、家電量販店やホームセンターなどの店舗が立ち並びます。

市内には東西にJR青梅線が走るほか、JR八高線や西武拝島 線が通っており、それぞれ拝島駅に乗り入れています(拝島駅のホームは福生市にも跨っている)。都心へのアクセスを見ると、新宿駅までは約1時間。また、 南北には国道16号線が走り、市内外の交通の軸として、人と物の流れを支えています。

南部を流れる多摩川を中心に、水と緑の資源がまとまって残されているのが市の特徴で、日本を代表する国営公園である昭和記念公園(立川市に跨る)も市民の憩いの場として人気。北部にも玉川上水を軸とした自然が残っており、市を代表する景観となっています。

■昭島市の土地評価額の動向
過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に21万5407円/m2(坪単価:71万2090円)を付けてピークを迎え ますが、そこから2013年までは下落傾向。2014年で上昇に転じ、2015年も継続して上がっています。2015年の地価を対前年比で見ると、約 2.05%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約3万1000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

■昭島市の地価ランキングは全国73位
それでは、改めて国分寺市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、73位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、43位。また、対前年比の地価上昇率2.05%は全国で108位、東京都内では16位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では福生市や東大和市、全国から探していくと、所沢市(埼玉)、茨木市(大阪)、富士見市(埼玉)、長岡京市(京都)と近い数値となっています。

■総括
昭島市の地価は2014年、2015年と2%以上の伸びを見せています。ただ、これは昭島市特有の事象と言うわけではなく、日本全体の経済成長によって地域全体が上昇傾向にあるという流れの中の出来事というふうに捉えられます。

特定のエリアでの地価動向を見ると、今後の値動きがありそうな場所としては東中神駅周辺が挙げられます。これは立川基地跡地昭島地区が今後の開発によって広域的な機能の導入が予定されているため。この流れを受けて、駅周辺が活性化すれば地価の大幅な上昇も見込まれます。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP