東大和市の土地価格相場情報をチェック

■東大和市の土地は平均16万8181円/m2

東大和市の土地購入の平均価格

168181/m2

坪単価:555972

(全国平均)

149978/m2

坪単価:495796

(同県(都)平均)

839661/m2

坪単価:2775741

最も高い地域:東大和市駅

194263/m2

坪単価:642192

東京都の中央北部、立川市や小平市、東村山市、武蔵村山市、そして埼玉県の所沢市に接する東大和市。ここでは、そんな昭島市の土地相場情報を紹介していきます。

ま ず、東大和市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独 自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、16万8181円/m2(坪単価:55万5972円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは東大和市駅エリアで19万4263円(坪単価:64万2192円)、次いで桜街道、上北台で、いずれも駅周辺の エリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「南街5丁目96番7」で28万2000円/m2(坪単価:93万2231円)でし た。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は16万3928円/m2(坪単価:54万1912円)。商業地の平均価格は20万3750円/ m2(坪単価:67万3553円)となっています。

■狭山丘陵の麓にあるベッドタウン、東大和市
東京多摩地区の北部、埼玉県所沢市と隣接する東大和市。このエリアには約2万年前に既に人が住んでいたと言われていますが、その歴史がはっきりと表に出て くるのは江戸時代のことでした。江戸城を築くため東京西部から木材などが運ばれるようになると、そのルートとして青梅街道が村のそばを通るようになり、交 通が活発に。

大正時代には6村が合併して大和村が誕生し、昭和に入ると市のシンボルである村山貯水池(通称、多摩湖)が完成しています。この頃は都市近郊農村として位置づけられていました。

市の南部に工場が誘致され、併せて住宅街が完成すると人口が増加し、産業構造も変化。戦後更に都営住宅や団地などが建設され、現在のような都心のベッドタウンとなりました。人口は平成27年で約8万6000人、東京の市区町村では40番目の多さです。

交 通面を見てみると、市の南部をかすめるように西武拝島線が走っており、東大和駅が都心へのアクセスの要所として設置されています。その隣、玉川上水駅から は多摩都市モノレールが終点の上北台駅まで通っています。市の中央部には東西に新青梅街道が通っており、東京西部へのアクセスの軸となっています。

市の中心となっているエリアは、行政や文化、商業施設の揃った東大和市駅周辺。駅から青梅街道、富士見通りにかけては商店街が形成されています。

他の市区町村同様、東大和市も高齢化問題を抱えており、特に高齢化率は都の平均を上回る数値となっています。そのため、市では独自の取り組みとして「東大和元気ゆうゆう体操」を市民と共同で作成。介護予防、健康維持に役立てています。

その他ユニークな取り組みとして、街路灯のLEDへ交換があります。既に市内の全ての街路灯の交換が終了しており、環境負荷の低減や電気量削減に貢献しています。

■東大和市の土地評価額の動向
過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に19万3718円/m2(坪単価:64万0392円)を付けてピークを迎え ますが、そこから2013年までは下落傾向。2014年で上昇に転じ、2015年も継続して上がっています。2015年の地価を対前年比で見ると、約 0.49%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約2万7000万円/m2ほどで、それほど目立った変化のあるエリアではないと言えそうです。

■東大和市の地価ランキングは全国88位
それでは、改めて東大和市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、88位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、44位。また、対前年比の地価上昇率0.49%は全国で255位、東京都内では43位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では昭島市や八王子市、全国から探していくと、摂津市(大阪)、伊丹市(兵庫)、平塚市(神奈川)、海老名市(神奈川)と近い数値となっています。

■総括
東大和市の地価を見ると、ここ5年間で増減しているものの、金額的にはほとんど一定のライン(16万円台)を保っています。成熟した住宅街ですので、今後 も激しい値動きはしないと考えられますが、仮に大きな値動きをするエリアがあるとすれば、そのキーポイントとなるのは多摩都市モノレールでしょう。

現在、上北台駅を終点としている多摩都市モノレールには、武蔵村山市を抜けて瑞穂町の箱根ヶ崎まで延伸されるという計画があります。これが実行に移れば、多摩地区内の人の流れが大きく変わることとなり、地価にもいい影響を与えるものと予想されます。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP