調布市の土地価格相場情報をチェック

東京都の中央南部にあり、多摩川を挟んで稲城市と隣接する調布市。ここでは、そんな調布市の土地相場情報を紹介していきます。

■調布市の土地は平均37万0046円/m2

調布市の土地購入の平均価格 37万0046円/m2 坪単価:122万3295円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:調布駅 47万9800円/m2 坪単価:158万6115円

ま ず、調布市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と都・県庁による「地価調査」の数値に基づいて、 独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、37万0046円/m2(坪単価:122万3295円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内には京王線、京王相模原線が走っており、この路線に近いほど地価が高くなる傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは調布駅エリアで47万9800円(坪単価:158万6115円)、次いで布田、国領で、いずれも京王線の駅から 近いエリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「小島町1丁目11番2」で120万0000円/m2(坪単価:396万6942 円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は31万7735円/m2(坪単価:105万0366円)。商業地の平均価格は62万2090円/ m2(坪単価:205万6498円)となっています。

■新宿まで乗り換えなしのアクセスで高評価の調布市

東京都の中央部に位置し、世田谷区や狛江市、三鷹市などと隣接している調布市。旧石器時代から人が住んでいたと言われているこの地域ですが、特に成長したのが江戸時代。甲州街道が整備されたことにより、国領、下布田、上布田、下石原、上石原といった場所に宿場が完成。

「布 田五宿」と呼ばれたこの地域は明治に調布町となり、さらに大正に京王線が開通したことで、都市近郊の住宅地として発展していきます。戦後、昭和30年に調 布町と神代町が合併し、市制施行。当初は4万5000人ほどだった人口も、昭和40年には10万人を超え、現在では20万人以上が住む都市となっていま す。

東京都心部の20km圏内にあり、市内には京王線、京王相模原線が走っています。市の中心市街地である調布駅から新宿駅までは乗り換え なしで約15分と好アクセス。また、自動車の交通面を見ると、東西に中央自動車道が貫通しており、市の西部の調布インターから郊外へのアクセスも容易。

市 内を横断する京王線は、都心へ向かう交通手段として非常に重要な意味合いを持っていましたが、反面、その踏切の多さから交通渋滞を巻き起こす原因となって おり、長年の課題となっていました。いわゆる「開かずの踏切」といった現象でしたが、最近では京王線の地下化が進み、それにつれて渋滞も緩和されてきてい るようです。

独自の取り組みとしては、民間のベビーシッターを利用した場合に、利用料の一部が助成される制度や、住宅のバリアフリー化によって補助が得られる制度など、子育て世代や高齢者世代にも行政側の配慮が見受けられます。

市の特徴的なスポットとしては、調布飛行場や味の素スタジアムがあります。特に味の素スタジアムは、Jリーグに所属する東京FCのホームとして試合が開催されるほか、ミュージシャンのライブなど多目的に使用され、集客力のある施設となっています。

また、『ゲゲゲの鬼太郎』の故・水木しげるさんが名誉市民となっており、市内には『鬼太郎バス』が走ったり、商店街にモニュメントを設置されたりと、妖怪の町としてもPRポイントとされています。

■調布市の土地評価額の動向

過 去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に38万1456円/m2(坪単価:126万1012円)を付けてピークを迎え ますが、そこから2011年までは下落傾向。2012年に5.71%の上昇率を見せて以来は2015年まで継続して上がっています。2015年の地価を対 前年比で見ると、3.37%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約5万9000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

■調布市の地価ランキングは全国27位

それでは、改めて調布市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、27位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、26位。また、対前年比の地価上昇率3.37%は全国で61位、東京都内では11位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では国分寺市や江戸川区、全国では近い価格帯の地域はそれほどありませんが、唯一、川崎市が挙げられます(33万5160円/m2)。

■総括

23区を除く都内では、武蔵野市、三鷹市、立川市、小金井市、国分寺市に次いで6番目に地価の高いエリアとしてランクされる調布市。2015年には調布駅北口に2棟、南口に1棟のビルが竣工するなど再開発が進んでおり、今後の地価上昇も見込める地域となっています。

2020 年の東京オリンピックの際には、近代五種やバドミントンなどが開催されるため、武蔵野森総合スポーツ施設の整備も進んでいます。オリンピックがもたらす経 済効果も大いに享受できる可能性があり、それが地価に波及することによって今以上に高騰する可能性も含まれています。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP