三鷹市の土地価格相場情報をチェック

東京都の中央部に位置し、約16km2の面積を持つ三鷹市。ここでは、そんな三鷹市の土地相場情報を紹介していきます。

三鷹市の土地は平均48万4981円/m2

三鷹市の土地購入の平均価格 48万4981円/m2 坪単価:160万3245円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:下連雀 79万7533円/m2 坪単価:263万6473円

ま ず、三鷹市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と都・県庁による「地価調査」の数値に基づいて、 独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、48万4981円/m2(坪単価:160万3245円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内にはJR・中央線、京王井の頭線などが走っており、これらの駅に近いほど地価が高くなる傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは下連雀エリアで79万7533円(坪単価:263万6473円)、次いで三鷹駅、井の頭公園で、いずれも中央線 や井の頭線の駅から近いエリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「下連雀3-26-10」で205万0000円/m2(坪単 価:677万6859円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は36万3800円/m2(坪単価:120万2644円)。商業地の平均価格は80万8133円/ m2(坪単価:267万1515円)となっています。

■若者からも人気のアカデミックな街、三鷹市

東 京都のほぼ中央、都心から西へ向けて約18kmの場所に位置する三鷹市。杉並区、世田谷区、小金井市、調布市、武蔵野市に隣接し、約16km2の人口を有 しています。古くから、「湧き水」に恵まれた土地として人々の生活を育んできたエリアで農耕も盛んでしたが、関東大震災後に住宅地化が進み、昭和25年に 市制施行。

当時の人口は5万5000人ほどでしたが、その後昭和30年代に団地の開発が相次ぎ、昭和52年ごろまでには16万人規模に。現在は、約18万人が住んでいます。

北 部をかすめるように走る中央本線ですが、これに沿うような形で玉川上水が通っており、武蔵野市との市境となっています。中央本線・三鷹駅は1日あたり18 万人の乗降数を誇る駅で、中央特快を利用することで、東京駅まで30分弱、新宿駅まで15分弱でアクセス可能。また、東部を走る井の頭線を利用すれば渋谷 方面へのアクセスも容易。

「住みたい街」ランキングの上位をキープし続けており、都心までのアクセスの良さと、自然の残る落ち着いた住環境 とのバランスが高評価に繋がっているようです。三鷹の森ジブリ博物館をはじめ、文化的な施設が多いのも市の特徴のひとつ。太宰治文学サロンや山本有三記念 館などは、市外から訪れる人の多いスポットとなっています。

開演100年目を迎える井の頭恩賜公園も、定番のデートスポットとして人気。お隣の武蔵野市・吉祥寺駅からの人の流れも手伝って、季節を問わず多くの人が訪れます。

行政の取り組みの特徴としては、都の認証保育園を利用する人に向けての助成金制度などがあります。ただし、人気住宅街の割に保育施設が少ない事実もあり、待機児童が多いエリアですので子育て世代は注意が必要です。

三鷹駅南口の再開発が予定されているほか、南部の三鷹市場跡地周辺には多機能複合施設「三鷹市中覆う防災公園・元気創造プラザ」が建設予定。市民の新たな憩いの場が提供されるだけでなく、災害時には一時避難所としても機能する施設で、完成が待たれます。

■三鷹市の土地評価額の動向

過 去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に49万9395円/m2(坪単価:165万0893円)を付けてピークを迎え ますが、そこから2013年までは下落傾向。2014年に16.05%という驚異の上昇率を見せ、2008年のピークに近い数字を取り戻しています。 2015年の地価を対前年比で見ると、1.76%の下落がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約7万4000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

■三鷹市の地価ランキングは全国20位

それでは、改めて三鷹市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、20位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、19位。また、対前年比の地価上昇率-1.76%は全国で877位、東京都内では54位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では墨田区や江東区などと近い数値。東京都以外では近い価格帯の地域は見受けられません。

■総括

23区を除く都内では、武蔵野市に次ぐ2番目に地価の高いエリアとしてランクされる三鷹市。2015年の上昇率はマイナスだったものの、これは2014年の上昇率(16.05%)が強烈すぎたためと考えられます。

短 期的な地価の推移を考えると、交通アクセスと住環境の良さから若い家族からも支持を集めるエリアだけに、今後も現在の水準をキープしていくと予想されま す。また、スポットで注目されるのは三鷹駅南口で、再開発により新ビルが建設されると、さらなる地価の上昇が見込まれます。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP