小金井市の土地価格相場情報をチェック

東京都の中央部で、武蔵野台地の南西エリアに位置する小金井市。ここでは、そんな小金井市の土地相場情報を紹介していきます。

■小金井市の土地は平均38万9500円/m2

小金井市の土地購入の平均価格 38万9500円/m2 坪単価:128万7603円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:国分寺駅 45万6611円/m2 坪単価:150万9458円

ま ず、小金井市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と都・県庁による「地価調査」の数値に基づい て、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、38万9500円/m2(坪単価:128万7603円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内にはJR・中央本線、西武多摩川線が走っており、特に中央本線の駅に近いほど地価が高くなる傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは国分寺駅エリアで45万6611円(坪単価:150万9458円)、次いで武蔵小金井、新小金井で、いずれも中 央本線、西武多摩川線の沿線エリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「本町5-12-7」で132万0000円/m2(坪単 価:436万3636円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は30万6375円/m2(坪単価:101万2809円)。商業地の平均価格は72万2000円/ m2(坪単価:238万6776円)となっています。

■底の硬い人口増加率を誇る小金井市

東 京都の中央部、都心から西に約25kmに位置する小金井市。武蔵野市、三鷹市、国分寺市などに接しており、市域は東西約4.1km、南北約4.0kmの面 積11.30km2。このエリアに人が住み始めたのは1万年以上も前だと言われています。湧き水が多く、かつては「黄金に値する豊富な水が出る」というこ とから、黄金井。転じて小金井となったという由来があります(諸説あり)。

小金井市になる以前、小金井村だった頃の話ですが、明治の廃藩置県後は神奈川県に属した時期もありました。その後、東京府(当時)に移管され、昭和33年に市制施行。施行当時は人口約4万人でしたが、昭和54年には10万人を超え、現在は12万弱を抱えています。

市内には東西にJR中央本線が走っており、市の中心市街地でもある武蔵小金井駅から新宿までは約25分でアクセスすることができます。鉄道駅としては同じ中央本線の東小金井駅のほか、西武多摩川線の新小金井駅があります。

前述した通り、面積は11.30km2とコンパクトですが、その市域の中には東京農工大学、東京学芸大学、法政大学など学校が数多くあり、文教都市としての性格も持ち合わせているのも特徴。特に東京学芸大学は幼稚園から高校までを附属校として持つ総合大学となっています。

レ ジャースポットなどの目立った観光施設はありませんが、小金井には「はけの道」と呼ばれる高低差10〜15mの段丘崖(階段状の地形)があり、これが自然 を感じられるウォーキング(ハイキング)ルートとして親しまれています。散歩に訪れる人からは、市営の「はけの森美術館」も人気。

また、普 段生活しているとあまり馴染みがありませんが、小金井市は「雨水浸透施設」の設置率が50%以上で、世界一を誇る街でもあります。雨水浸透施設とは下水道 に流入する雨水を軽減することで、河川の水質改善や氾濫防止が期待できるもの。このあたりは古くから湧き水を有効活用してきた、この市域ならではの取り組 みと言えるでしょう。

■小金井市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、 2008年に41万3115円/m2(坪単価:136万5670円)を付けてピークを迎えますが、そこから2012年までは下落傾向。2013年で 8.42%と大幅な上昇率を見せ、それ以降は0.1%から1.2%の上昇と小上がりしています。2015年の地価を対前年比で見ると、1.20%の上昇が みられました。

この10年間での価格の振れ幅は約5万9000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

■小金井市の地価ランキングは全国25位

それでは、改めて小金井市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、25位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、24位。また、対前年比の地価上昇率1.20%は全国で181位、東京都内では32位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では練馬区や国分寺市などと近い数値。東京都以外では近い価格帯の地域は見受けられません。

■総括

小金井市では昭和54年に人口が10万人を超えた後も堅調に増加しています。また、過去5年間を見ても多摩26市のうちで3位の増加率を見せるなど、今後もしっかりとした人口増加が見込めるエリアです。

こ の要因としては通勤・通学の交通利便性を求めて転入してくる人が多いことや、都心に比べて地価や家賃がリーズナブルであることなどが挙げられます。こうし た需要とそれに伴う人口増により、地価についても今後の安定した上昇が見込めると考えられています。一方で、人口増による自治体の負荷の増大(ゴミ処理問 題)などは引き続き課題となっていくでしょう。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP