多摩市の土地価格相場情報をチェック

東京都の中央南部、多摩丘陵の北端部に位置する多摩市。ここでは、そんな多摩市の土地相場情報を紹介していきます。

■多摩市の土地は平均22万3942円/m2

多摩市の土地購入の平均価格 22万3942円/m2 坪単価:74万0305円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:聖蹟桜ヶ丘 26万4772円/m2 坪単価:87万5281円

ま ず、多摩市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と都・県庁による「地価調査」の数値に基づいて、 独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、22万3942円/m2(坪単価:74万0305円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内には小田急小田原線、京王線、京王相模原線等が走っており、特に京王線、京王相模原線の路線に近いほど地価が高くなる傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは聖蹟桜ヶ丘エリアで26万4772円(坪単価:87万5281円)、次いで多摩センター、唐木田で、いずれも市 内主要駅近くのエリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「関戸2丁目40番27」で73万5000円/m2(坪単価:242万 9752円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は18万3268円/m2(坪単価:60万5845円)。商業地の平均価格は37万5545円/ m2(坪単価:124万1472円)となっています。

■日本最大規模のニュータウンを誇る多摩市

東京都の中央南部に位置し、その南側が神奈川県(町田市、川崎市)と隣接している多摩市。「多摩ニュータウン」のある市域として有名ですが、その入居が始まったのは昭和46年のこと。これ以前は田園の広がる農村地帯で、人口約3万人の街でした。

多 摩ニュータウンの開発が始まったのは昭和40年のこと。以来、平成18年までおよそ40年間開発され続け、2,884haという面積で日本最大規模の ニュータウンとなっています。南大沢・相原小山エリア、堀之内エリア、多摩センタ-エリア、諏訪・永山エリア、若葉台・稲城エリアといった5つのエリアに 分かれており、それぞれ景観や街づくりに特色があります。

多摩ニュータウンの中心市街地となっているのは多摩センターエリア。小田急線、京王線それぞれが乗り入れており、ショッピングセンターや文化施設、サンリオピューロランドなどのテーマパークと、一通り揃ったエリアとなっています。

多摩市内にはニュータウン以外にも計画的に開発された住宅街があり、特に地価が高いのは聖蹟桜ヶ丘駅~永山駅の桜ヶ丘住宅地。多摩丘陵の地形を生かした眺望の良さから、人気のエリアです。

交 通面を見ていくと、市内には小田急小田原線、京王線、京王相模原線、多摩モノレールが走っており、聖蹟桜ヶ丘-新宿間は特急利用で約30分、京王多摩セン ター駅-新宿間は乗換を含んで40分ほどで移動可能。高速道路は通っておらず、最寄りのICは隣接する府中市の中央自動車道・国立府中ICです。

もともと緑豊かなエリアですので、農家も多く残っており、地酒や味噌などが地域ブランドの特産品として販売されています。

また、地震に対する総合危険度ランクの低いエリアとしても知られており、東京都都市整備局が実施する、①建物倒壊危険度②火災危険度③総合危険度④「火災時活動困難度」を考慮した危険度の調査では、一部を除くすべてがランク1(数字が小さいほど危険度が小さい)でした。

■多摩市の土地評価額の動向

過 去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に24万7062円/m2(坪単価:81万6735円)を付けてピークを迎えま すが、そこから2012年までは下落傾向。2013年、2014年と小上がりを見せましたが、2015年は再度下落しています。2015年の地価を対前年 比で見ると、0.04%の下落がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約2万4000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

■多摩市の地価ランキングは全国55位

それでは、改めて多摩市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、55位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、36位。また、対前年比の地価上昇率-0.04%は全国で391位、東京都内では48位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では町田市や東久留米市、全国から探していくと、藤沢市(神奈川)、志木市(埼玉)、豊中市(大阪)、戸田市(埼玉)などと近い数値となっています。

■総括

市内の人口増加に一役買った、多摩ニュータウン区域の住宅団地ですが、老朽化や少子高齢化などの課題も見え隠れしています。今後、再開発等によってこれらの課題が解消されていくようであれば、長期的に見て地価が上昇することも考えられます。

多 摩市の注目ポイントとしては、リニア中央新幹線の影響です。町田市の橋本に新駅が誕生する予定となっていますが、これによって今までとは違った人の流れが 予想されます。具体的には京王相模原線での町田方面へのアクセス増加が見込まれています。実際のところは完成してみないと何とも言えませんが、これを市場 が織り込んでいくことで、今まで比較的安定していた場所での地価上昇も予想されています。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP