西東京市の土地価格相場情報をチェック

東京都内、田無市と保谷市の合併によって2001年に市制施行した西東京市。ここでは、そんな西東京市の土地相場情報を紹介していきます。

■西東京市の土地は平均29万0940円/m2

西東京市の土地購入の平均価格 29万0940円/m2 坪単価:96万1785円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:東伏見 30万7375円/m2 坪単価:101万6115円

ま ず、西東京市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と都・県庁による「地価調査」の数値に基づい て、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、29万0940円/m2(坪単価:96万1785円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内には西武新宿線と西武池袋線が走っており、これらの路線に近いほど地価が高くなる傾向が見られます。

地 価をエリア別に分析すると、最も高額なのは東伏見エリアで30万7375円(坪単価:101万6115円)、次いで田無、西武柳沢で、いずれも西武新宿線 の駅近くのエリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「田無町4-28-14」で63万5000円/m2(坪単価:209万 9173円)でした。

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は26万3868円/m2(坪単価:87万2292円)。商業地の平均価格は37万6666円/ m2(坪単価:124万5179円)となっています。

■田無と保谷が合併した東京最新の市、西東京市

その名の通り東京都心の西部、武蔵野台地の中央部に位置する西東京市。武蔵野市や小金井市、小平市等と隣接しており、北部には埼玉県との県境があります。2001年に田無市と保谷市が合併してできた、都内では最も新しい市として知られています。

古くは青梅街道の宿場町として栄えた田無市。一方で、近郊農村として発展してきた保谷市。それぞれの特徴が混じり合った西東京市ですが、合併によって人口の規模も大きくなり、現在では約20万人と多摩地域で5番目の人口を誇ります。

面積は約15km2とコンパクトで、武蔵野台地中央部とあって最高標高も67メートルと全体的に平坦な土地が特徴。関東ローム層で構成された土地は植物の生育に適していると言われています。また、その土壌を活かした保谷梨やキャベツなどが名産となっています。

市内には西武新宿線と西武池袋線が走っており、中心市街地のひとつ、田無駅から西部新宿駅までは25分弱。もう一方の中心市街地、ひばりヶ丘駅からは池袋までのアクセスが良く、20分強。いずれも都心への交通の便が良いエリアと言えます。

特 に田無駅からは西武新宿線の始発も出ており、座って通勤することもできるということで、社会人から人気のある駅のひとつ。こういった要因から、都心近郊の ベッドタウンとしての性格を持ったエリアです。市内を通る高速道路はありませんが、北へ抜ければ関越自動車道、南へ抜ければ中央自動車道が走っており、こ れらを使うことで郊外へも比較的ストレスなく向かうことができます。

田無には高さ195mの「スカイタワー西東京」という電波塔があり、夜になるとライトアップされるのですが、この色によって周辺地域の翌日午前の天気予報を知ることができ、市民から親しまれる存在となっています。

その他、市内の名所としては世界最多の星が投影できるプラネタリウム「多摩六都科学館」や、縄文時代の遺跡として非常に大規模な「下野谷遺跡」などがあります。特に下野谷遺跡は貴重な文化遺産として国の史跡にも指定されました。

■西東京市の土地評価額の動向

過 去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に32万6619円/m2(坪単価:107万9732円)を付けてピークを迎え ますが、そこから2012年までは下落傾向。2013年以降は上昇に転じ、2015年まで上がり続けています。2015年の地価を対前年比で見ると、 1.18%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約4万3000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

■西東京市の地価ランキングは全国39位

それでは、改めて西東京市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、39位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、33位。また、対前年比の地価上昇率1.18%は全国で184位、東京都内では33位でした。

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では狛江市や小平市、全国から探していくと、芦屋市(兵庫)、浦安市(千葉)、京都市(京都)、蕨市(埼玉)などと近い数値となっています。

■総括

昔ながらの住宅都市として安定した地価相場をキープしてきている西東京市ですが、今後の人口減少も予想されており、それに伴う地域経済の縮小化などの課題は、長期的に見てマイナス要因となっています。

地価にプラスの要素としては、ひばりヶ丘駅北口の再開発があります。現状の北口周辺は南口と比較すると経済的には活発でないエリアとなっていますが、区画整理を含めた都市計画が決定されており、完成のめどが立てば地価にも良い影響を与えるものと考えられています。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP