狭小住宅ではどうやって収納スペースを確保する?コツをご紹介!

都心部ともなれば、狭いスペースに家を建てるなんて当たり前。スペースがなくても間取りとアイデアで十分に快適な生活ができますが、それでも抱えがちなのが収納スペースの少なさに対するお悩み。ここでは、狭小住宅で生じる収納の悩みを解消するコツを紹介していきます。

 

■狭小住宅と収納スペース

狭小住宅に住むメリットは、生活がコンパクトになることで、居心地の良い空間を演出できること。用事を済ませるために家の中を行ったり来たりとバタバタする必要がありません。

一方で、一番のデメリットは収納スペースを確保できないこと。人数に合わせて、一般的な広さの住宅と同じように収納スペースを作ってしまうと、生活スペースに余裕がなくなってしまいます。

対策としてできることは、まず「収納スペースを新たに確保し、家全体の収納力をアップする」ことです。では、どのように確保すればよいのか、早速見ていきましょう。

 

■デッドスペースを探しましょう!

まず、家の中を改めて見直して「使われていない空間」を探していきましょう。

ここでは、参考までにいくつかデッドスペースになりがちなポイントを紹介していきます。

 

・キッチンの吊り戸棚の下

狭小住宅ではキッチンに広いスペースを割けないため、キッチン収納も容量が少なくなりがち。そこで、役立つのが吊り戸棚の下です。戸棚の扉に引っかけるタイプのラックが販売されており、調味料の収納や、洗い物の水切りとして有効です。

 

・階段の下

階段下の収納は有効に使われていない場合が多く、適当にモノを入れているだけと言う場合には、このスペースを見直しましょう。突っ張り棒を付ければファミリークローク代わりにもなりますし、サイズの合ったラックを入れれば生活に必要な小物などの収納力がアップします。

・ベッドの下

ベッドの下が空いている場合は、スペース確保の大チャンス。布団や毛布などの寝具を圧縮袋でコンパクトにして入れれば、押入れが空きます。そのまま入れると出すときに面倒なので、汎用のベッド下収納を購入しておくと見た目にもスッキリきれい。

・トイレの上

トイレで使う物はできるだけトイレの中に! 便器上は大概デッドスペースになっていますので、ここに突っ張り棒を2本かけて上から網を付ければ棚の完成。トイレットペーパーや清掃用品などを収納しておきましょう。

 

■見せる収納を意識して!

「もう我が家にはデッドスペースなんてない!」そんな状況になったら、次は見せる収納に意識を寄せましょう。

収納といえば、「見えない場所にしまう」、「隠す」といったイメージですが、置き方によっては、外に出しておくことでオシャレ感を演出することができます。

 

例えば、壁まわり。最近では壁へのダメージを最小限に、棚を設置できるアイテムもありますので、こういったものを使用して「ウォールシェルフ」を設置するのもひとつの方法。インテリアと調和する棚を選んで、書籍などを収納しておくとカフェのような演出が期待できます。

キッチン用品を壁に吊るすというのも、代表的な見せる収納の手法。フライパンなどは平面に置いておくと幅を取りやすいのですが、吊るしておけばその分、収納に必要な面積を減らせますし、何より絵になります。

ただし、注意したいポイントもあります。ひとつは、やりすぎるとゴチャゴチャしすぎて逆に汚く見えてしまう点。すべての壁を使うのではなく、どれか一ヵ所をピンポイントで見せるようにしましょう。

もうひとつは、内装やインテリアと雰囲気をきちんと合わせておかないと、部屋全体のトーンが台無しになってしまうところ。もともとの内装材に合った家具やインテリアを選ぶよう気を付けてください。

 

■家具は目線より低いものを!

これは、収納スペースをこれ以上増やせない際の、いわば「裏ワザ」的なものですが、全体的に家具を目線より低いところに配置することで、部屋全体を広く見せることができます。

他にも、部屋を広く見せるテクニックとしては、

・床や壁と同色の家具を揃える

・カーテンを窓枠ではなく、天井から垂らす

・大き目の鏡を設置する

などがあります。

これだけでも部屋の雰囲気はまったく違ってきますので、収納作りに飽きてきた場合など、参考にしてみてください。

 

■モノを増やさないのが一番!

実は、家の大小にかかわらず、多くの家庭で収納スペースは飽和状態です。収納に関する悩みは、なにも狭小住宅だけではないということ。

多くの人は、スペースがあるだけモノを増やしてしまう傾向にあるようです。そのため、ある程度生活に必要なものが揃っているのであれば、「それ以上モノを増やさない努力」が収納問題を解決する一番のコツです。

また、これと併せて「増えたら捨てる」というのも重要なポイント。月に1回、少なくとも2ヶ月に1回は、家の中にあるモノを見直してみると、収納スペースのムダがなくなりますよ。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP