賢い収納スペースを確保するために!~間取り作りのコツ~

人気のある都心部などでは、どうしても家を建てる広さは限られてしまいます。限りあるスペースを有効に活用するために重要になるのが収納スペースの置き方。ここでは、物が出しっ放しでゴチャゴチャした住まいにならないための、上手な間取り作りを紹介していきます。

 

■収納スペースの重要性とは?

家を建てたり、リフォームしたりする際、LDKや寝室などと同じくらいよく考えて決めたいのが収納スペースのこと。

上手に収納スペースを作れなかった家は、部屋の中にモノが溢れることになってしまうので、ゴチャゴチャしてしまいます。これでは、普段生活していて気持ちの良いものではないですし、友人を招待するたびに部屋を片付ける必要が出てしまいます。

収納スペースのことをきちんと考えて作られた家は、パッと見てキレイですし、片付け効率が上がるというメリットも。モノが室内に転がっていなければ、ロボット掃除機などの出番も増えてきて、家事の負担も減っていきます。

というわけで、暮らしやすい間取り作りは、収納スペースを確保することを考えていくことから始めましょう。

 

■何を収納するスペースが必要?

では、収納スペースを考える際のスタートラインはどこでしょうか?

サンプルの間取り図を見ながら「ここにも収納ができそう」、「こっちにも作ろう」といきなり考え出すのはNG。ここはまず、自分がどんなモノを持っているのか、将来増えそうなモノは何かをリストアップすることから始めましょう。

 

収納するものといえば、衣服や食器、寝具、本、日用品、レジャー用品などが挙げられます。例えば服ひとつとっても、自分がどれくらい持っているのかを把握し、それを収納するためにはどれだけのスペースが必要かを確認することが重要です。

現在の収納スペースでは足りず、既に服が溢れてしまっている状態であれば、次の家では

・収納スペース(クローゼット)の容量を増やす

・(スペースが同じくらいなら)不要な服を捨てる

・収納の仕方を工夫して、コンパクトに納める

のいずれかの方法をとらなければなりません。

こうしたことを服だけでなく、持ち物すべてで検証して「収納する持ち物リスト」を作ることが、上手な間取りへの第一歩です。

 

■収納スペースは容量がすべてじゃない!

現状でモノが溢れている場合は、その収納スペースを増やす方法があると書きましたが、実はコレ、あまり良い考えではありません。スペースがあるだけ、モノが増えてしまうことになるからです。

特にモノを捨てられないタイプの人に多いのですが、こうした人が間取りを考え始めると、どうしても「収納だらけの家」になりがち。これでは生活スペースが狭くなってしまい、窮屈な暮らしになってしまいます。

また、単純に容量を広くしようとして作られた収納スペースは使いにくいことが多々あります。例えば、上に高さのある収納や、奥行きのある収納は入れたものが出しづらいというデメリットがあります。

では、具体的にどのように間取りを考えればよいのか、紹介していきます。

 

■収納スペースを考えた間取り作り

間取り作りの際は、収納スペースを置いて入れるモノを考えていくのではなく「今あるモノを収納するにはどんなスペースが効果的か」ということから考えていくと失敗しにくくなります。

ここで、先ほどリストアップしておいた「収納する持ち物リスト」が活用できます。加えて「これから増える持ち物リスト」も作っておくとベターです。例えば子供が産まれるとしたら、新たに服の収納スペースが必要になるでしょうし、おもちゃをどこに片付けるかも考えなければなりません。

 

収納スペースを考える上では、今後の人生設計も重要になってくるということです。とはいえ、未来は予測できないもの。ここでは、今あるものを収納するスペースよりも、「少しだけ」余裕を持った間取りにしておくようにしましょう。

また、「導線」も重要です。帰ってきて、どこで服を脱いで、どこに服をしまうか、というような流れのことで、これが不自然だと移動距離が増え、使いにくい家になってしまいます。導線は家族それぞれに違うので、普段自分が家の中をどのように、何のために移動しているのか、考えてみるとよいでしょう。

大げさに書きましたが、難しく考える必要はありません。弊社スタッフへご相談頂く際に、「収納する持ち物リスト」と「生活スタイル」、「今後のライフプラン」を伝えれば、それに合わせた基本の間取りをご提案いたします。そうして出来上がったものに、自分の考えをプラスしていけば、失敗のない間取り作りができますよ。

 

■おすすめの収納スペース

最後に、「あると便利」な収納スペースをいくつか紹介します。最近では、これらを組み込んだ家も増えてきていますので、参考にしてみてください。

・パントリー

 キッチンに隣接した、野菜やペットボトル飲料、キッチン用品などを入れておく用のスペース。

・シューズクローク

 玄関に隣接して備え付けられる、靴やかばん、レジャー用品などを収納できるスペース。

・ウォークスルークローゼット

 ウォークインクローゼットは、洋服収納に便利なスペースですが、ウォークスルークローゼットはさらに通り抜けられるようになっています。クローゼットを導線に組み込みたい方におすすめ。

 

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP