立川市の土地価格相場情報をチェック

■立川市の土地は平均47万5636円/m2

立川市の土地購入の平均価格 47万5636円/m2 坪単価:157万2351円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:立川駅 75万5000円/m2 坪単価:249万5867円

 

東京都・多摩地区の中心部に位置し、周辺を8つの市に囲まれる立川市。ここでは、そんな立川市の土地相場情報を紹介していきます。

 

まず、立川市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、47万5636円/m2(坪単価:157万2351円)となっています。

 

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、その3倍以上と比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

 

市内にはJR中央本線、青梅線、南武線などが走っていますが、そういった路線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

 

地価をエリア別に分析すると、最も高額なのは立川駅エリアで75万5000円(坪単価:249万5867円)、次いで高松、西国立となっており、いずれも立川駅の周辺エリアです。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「曙町2-7-20」で440万0000円/m2(坪単価:1454万5454円)でした。

 

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は23万1609円/m2(坪単価:76万5652円)。商業地の平均価格は119万0258円/ m2(坪単価:393万4828円)となっており、宅地と商業地の差にはかなり開きがあると言えます。

 

■立川駅の再開発で地価高騰中

立川市は江戸時代に幕府の天領に組み込まれ、農業を中心とした街だった地域。明治以降に立川駅や立川飛行場が開設されたことで人口が増え、商業も発展していきました。戦後、飛行場は米軍基地となり、以降昭和52年の返還までは「基地の街」となります。

 

市内でも、多摩エリアの交通の要所として、商業的に発展を遂げてきたのが立川駅周辺エリア。特に成長のポイントとなったのが、多摩モノレールの開通だと言われています。それまでJRに頼らざるを得ず、市内を縦方向に移動するのに時間がかかるのがネックだと言われていましたが、モノレールはそれを一気に解消しました。

 

これによって、立川市は大きく発展し、立川駅前は新たな商業施設が次々と参入してくるエリアとなっています。この流れは今でも変わっておらず、IEKA、ららぽーとなどの誘致によって、地域経済はさらに活発に。東京駅まで約40分という、都心までのアクセスの良さも相まって、今後の成長も期待されています。

 

面積180ヘクタールという規模を誇る「国営昭和記念公園」をはじめとした、自然の多い環境も立川市の魅力です。また、市営の「立川まんがぱーく」という施設は、無料で数万冊のマンガを楽しめるユニークなスポットとして人気を博しています。

 

立川の名産としては「東京うど」が挙げられます。数少ない日本原産の野菜として知られるうどですが、実は立川市はうどの収穫量日本一。東京うどは地下の穴ぐらで育てられ、一般的なうどとは違って白い色をしているのが特徴で、これを短くしたものが「立川こまち」としても販売されています。

 

■立川市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に45万5173円/m2(坪単価:150万4707円)を付けてピークを迎えますが、そこから2012年までは下落傾向。2013年以降は上昇を続け、2015年は過去10年で最高額を付けています。2015年の地価を対前年比で見ると、約22.57%という飛躍的な上昇がみられました。

 

この10年間での価格の振れ幅は約17万5000万円/m2ほどで、値動きの激しいエリアでと言えそうです。

 

■立川市の地価ランキングは全国22位

それでは、改めて立川市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、22位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、21位。また、対前年比の地価上昇率22.57%は全国で6位(5位以上はすべて町であり、市としては全国1位)、東京都内では1位でした。

 

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では江東区や三鷹市、板橋区、練馬区などと近い数値となっています。

 

■総括

多摩地区の中心地、立川駅周辺の地価は再開発によって急激に上昇しています。もともと伊勢丹などの百貨店が集まるエリアでしたが、IKEAやららぽーとなどのオープンによって活気づき、またJR東日本と阪急百貨店の出資した駅ビル、グランデュオ立川などで商業地としての地位を完全に確立しています。

 

さらに、立川駅北口西地区の再開発も予定され、駅の南北を結ぶ自由通路の開発計画もあるなど、今後も生活利便性の向上が予想され、これが地価に反映されれば、さらなる上昇も期待されます。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP