八王子市の土地価格相場情報をチェック

■八王子市の土地は平均15万5759円/m2

八王子市の土地購入の平均価格 15万5759円/m2 坪単価:51万4905円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:八王子駅 36万5970円/m2 坪単価:120万9820円

 

東京都心から西へ40kmほどのエリアにある、多摩地区最大の人口を持つ八王子市。ここでは、そんな八王子市の土地相場情報を紹介していきます。

 

まず、八王子市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、15万5759円/m2(坪単価:51万4905円)となっています。

 

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、平均値からは大きくずれこんでいません。東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

 

市内にはJR中央線をはじめ、八高線、京王電鉄・京王線、相模原線などが走っていますが、そういった路線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

 

地価をエリア別に分析すると、最も高額なのは八王子駅エリアで36万5970円(坪単価:120万9820円)、次いで京王堀之内、八王子みなみ野となっており、いずれも駅近郊のエリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「旭町2-6」で232万0000円/m2(坪単価:766万9421円)でした。

 

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は11万7868円/m2(坪単価:38万9649円)。商業地の平均価格は39万2750円/ m2(坪単価:129万8347円)となっており、宅地と商業地の差にはかなりの開きがあると言えます。

 

■都内最大の人口を擁する八王子市

八王子市の人口は約57~58万人。東京都内では1番、また、政令指定都市を除けば全国でも3番目に人口が多いところです。もともとは農業が盛んだった土地ですが、副業として織物産業をしていた農家が多かったそうです。

 

この地域と織物の関係は古く、古代から麻や絹などを織っていたという記録が残されているほど。明治以降の日本が諸外国との貿易を活発に行うようになると、これを活かして八王子は成長していきます。このあたりで生産されていた織物のほか、東北や甲信地方の生糸が八王子を経由して横浜港へと輸送されるようになると、物資の集積所として発展しました。

 

そんな八王子の織物工場ですが、戦時中は軍需工場にとってかわられてしまいます。戦後徐々に復活したものの、高度経済成長期には化学工業や食品工業の台頭により徐々に衰退していきました。一方で、東京オリンピックを契機に宅地造成が急速に進行し、東京のベッドタウンとして人口が増加。これがいまの八王子市の原型となっています。

 

現在、八王子の市域には23の大学、短期大学、高等専門学校があり、文教都市としての風格も持ち合わせています。また、平成23年度からはすべての市立小・中学校で小中一貫教育を実施。そのほか、市立幼稚園の入園料に対しては2万円の補助を出すなど、非常に教育や子育てに熱心な市であるということがわかります。

 

また、山あいに囲まれており、強固な地盤に支えられた土地は、地震に強い地域であるとも考えられ、東日本大震災以降、このエリアが再評価されるひとつの要因ともなっています。

 

■八王子市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に17万8878円/m2(坪単価:59万1334円)を付けてピークを迎えますが、そこから2013年までは下落傾向。2014年から上昇に転じ、2015年も引き続き上がっています。2015年の地価を対前年比で見ると、約1.67%の上昇がみられました。

 

この10年間での価格の振れ幅は約2万6000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

 

■八王子市の地価ランキングは全国96位

それでは、改めて八王子市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、96位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、45位。また、対前年比の地価上昇率1.67%は全国で127位、東京都内では21位でした。

 

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では東大和市や羽村市、全国から探していくと、東大阪市(大阪)、静岡市(静岡)、仙台市(宮城)、三島群島本町(大阪)などと近い数値となっています。

 

■総括

八王子市は2015年に都内初の中核市となり、今後の成長が期待される地域のひとつです。特に地価の高い八王子駅エリアでは、北口のペデストリアンデッキの延伸工事の完了によって商業需要増加などが見込まれ、地価にも好影響が出そうです。

 

また、既に41階建ての再開発ビル「サザンスカイタワー八王子」などの建設が完了している八王子駅南口ですが、さらにJR貨物所有地の開発も進んでいます。30階建ての商業複合施設の建設が予定され、こちらも注目したいエリアとなっています。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP