町田市の土地価格相場情報をチェック

■町田市の土地は平均23万0400円/m2

町田市の土地購入の平均価格 23万0400円/m2 坪単価:76万1655円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:町田駅 58万5550円/m2 坪単価:193万5702円

 

東京で9番目の市として誕生し、42万人以上の人口を誇る町田市。ここでは、そんな町田市の土地相場情報を紹介していきます。

 

まず、町田市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、23万0400円/m2(坪単価:76万1655円)となっています。

 

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアある一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

 

市内には小田急小田原線や東急田園都市線、京王相模原線などが走っていますが、そういった路線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

 

地価をエリア別に分析すると、最も高額なのは町田駅エリアで58万5550円(坪単価:193万5702円)、次いで森野、成瀬となっており、いずれも市の中心部である町田駅からほど近いエリアとなっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「原町田6-3-9」で232万0000円/m2(坪単価:766万9421円)でした。

 

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は15万0554円/m2(坪単価:49万7701円)。商業地の平均価格は59万1777円/ m2(坪単価:195万6290円)となっており、宅地と商業地の差には相当の開きがあると言えます。

 

■古くからの交通の要所、町田市

古くは縄文時代から人が住んでいたという町田市域。このエリアが急速に発展したのは幕末の頃です。養蚕業と農業を兼業している農家の多かった町田ですが、横浜港の開港によって生糸や繭を輸出できるようになり、これらを運ぶための中継地として商業的に成長してきました。横浜につながる当時の道は「絹の道」と呼ばれていたそうです。

 

絹の道自体はJR横浜線の開通によって廃れてしまいますが、町田はその後も流通の中心として栄えていくことになります。昭和30年代には大型団地の建設ラッシュによって人口が急激に増加。ここに商業都市としての顔と住宅都市としての顔を持つ、現在の町田市の原型が完成しました。

 

今でも商業の中心は、横浜線と小田急線の駅となっている町田駅周辺。交通の要所となっているのは江戸時代から変わりません。特に駅北側は賑やかな繁華街で、大型の商業施設が溢れ返っています。

 

町田駅からは小田急線で新宿まで約30分でアクセスできるということもあり、都心に通う人たちのベッドタウンとしても親しまれています。また、交通面で見ると市の南端には東名自動車道の横浜町田ICもあり、渋滞を除けば自動車の便も悪くないエリアと言えます。

 

市内には大学も多くあります。また小学校と中学校が、町田市オリジナルの「小中一貫町田っ子カリキュラム」に基づいて連携。規範教育、キャリア教育、食育に重点を置いた教育プログラムを採用しているのも特徴です。

 

子育てメールサービス「ほっとメールまちだ」では、休日当番医情報や保育園の申し込み情報を受け取ることができるなど、育児支援にも力を入れています。

 

■町田市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に25万4152円/m2(坪単価:84万0173円)を付けてピークを迎えますが、そこから2013年までは下落傾向。2014年から上昇に転じ、2015年も引き続き上がっています。2015年の地価を対前年比で見ると、約0.82%の上昇がみられました。

 

この10年間での価格の振れ幅は約3万0000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアと言えそうです。

 

■町田市の地価ランキングは全国54位

それでは、改めて町田市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、54位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、35位。また、対前年比の地価上昇率0.82%は全国で224位、東京都内では39位でした。

 

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では小平市や多摩市、全国から探していくと、吹田市(大阪)、藤沢市(神奈川)、志木市(埼玉)、豊中市(大阪)などと近い数値となっています。

 

■総括

市の商業的な中心エリアは町田駅周辺ですが、近隣市である海老名や立川等に大型商業施設が出店していることに対抗し、南町田駅周辺の再開発が計画されています。既にグランベリーモールなどが親しまれていますが、この建て替えも含めた再整備によって、地価の上昇が予想されます。

 

また、町田市では2020年東京オリンピック・パラリンピックのキャンプ地招致に向けたパンフレット作製や推進会議等の取り組みも行われています。キャンプ地として選ばれれば、経済効果はもちろん、新たな街づくり計画による地価の上昇も見込まれています。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP