コラム
cus_columns
小平市の土地価格相場情報をチェック

■小平市の土地は平均23万7684円/m2

小平市の土地購入の平均価格 23万7684円/m2 坪単価:78万5732円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:一橋学園 27万0600円/m2 坪単価:89万4545円

 

東京都のちょうど中心部あたりに位置し、周辺を7つの市に囲まれる小平市。ここでは、そんな小平市の土地相場情報を紹介していきます。

 

まず、小平市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、23万7684円/m2(坪単価:78万5732円)となっています。

 

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、全国的には比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

 

市内には複数の路線が走っていますが、特にJR武蔵野線、西武新宿線といった路線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

 

地価をエリア別に分析すると、最も高額なのは一橋学園エリアで27万0600円(坪単価:89万4545円)、次いで花小金井、青梅街道となっています。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「学園東町1-3-9」で42万5000円/m2(坪単価:140万4958円)でした。

 

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は22万0543円/m2(坪単価:72万9069円)。商業地の平均価格は30万9363円/ m2(坪単価:102万2689円)となっています。

 

■都心からほど近い住宅都市、小平市

東京都の東西中央、武蔵野台地上にある小平市。もともとは水の乏しい土地で、人が生活するには適さないと言われた場所でした。それが、江戸時代の玉川上水の開通によって農村としての開発が進み、戦後にはベッドタウンとして成長してきました。「小平」と言う地名は、初めて開拓された小川村の地形が平らだった、ということに由来するようです。

 

20km2ほどの面積に住む人口は19万人弱。商業的な中心は一橋学園駅周辺の商店街で、学生の立ち寄るアーケード街となっています。また、花小金井駅周辺は大規模な再開発によって、商業施設が誘致されるなど、新定番スポットとして名乗りを上げています。

 

小平市は都心からほど近いエリアですが、緑の多いエリアとしても知られ、それを象徴するように「小平グリーンロード」という全長約21kmの市内周遊道路が設置されています。

 

市内を歩くと昔懐かしい郵便の丸型ポストを見かけることがあります。実は、小平市は都内自治体で丸型ポストの保有数1位となっています。これは、市が丸型を観光資源として見直し、活用しているためで、設置マップの作成、フォトコンテストなども開催されています。

 

また、「小平ふるさと村」では前述した玉川上水の開通に伴う開拓自体を再現した住宅や畑、水車小屋などを見ることができ、小平の歴史を知る重要なスポットとして保存されています。

 

名物のひとつにはブルーベリーが挙げられます。現在ではデザートなどでおなじみですが、実は日本で初めて農産物として栽培したのが小平市。市内にはブルーベリーの直売所や摘み取り農園などがあり、他市ではあまり見かけないこともあって人気となっています。

 

■小平市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に27万3312円/m2(坪単価:90万3512円)を付けてピークを迎えますが、そこから2013年までは下落傾向。2014年、2015年は上昇を続けています。2015年の地価を対前年比で見ると、約0.21%の上昇がみられました。

 

この10年間での価格の振れ幅は約3万9000万円/m2ほどで、多少値動きのあるエリアだと言えそうです。

 

■小平市の地価ランキングは全国49位

それでは、改めて小平市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、49位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、34位。また、対前年比の地価上昇率0.21%は全国で306位、東京都内では45位でした。

 

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、県内では海老名市や座間市、全国から探していくと、和光市(埼玉)、川口市(埼玉)、朝霞市(埼玉)、吹田市(大阪)などと近い数値となっています。

 

■総括

小平市内で今後、地価の上昇が見込まれそうなエリアとしては小平駅北口があります。平成25年以降このエリアの再開発が協議されており、具体的には、公共設備の整備、商業施設や都市型住宅棟の都市機能の集積、道路の利便性の向上などをベースに検討されています。

 

現状では北口駅前には広場もなく、低層の商店街が立ち並んでいる状態ですが、再開発計画が実行に移されれば、地価の大幅な上昇が見込まれます。また、同様に小川駅西口エリアでも再開発が検討されていますので、その動向に注目したいところです。

まずはこちらから!