コラム

稲城市の土地価格相場情報をチェック

■稲城市の土地は平均20万8857円/m2

稲城市の土地購入の平均価格 20万8857円/m2 坪単価:69万0436円
(全国平均) 14万9978円/m2 坪単価:49万5796円
(同県(都)平均) 83万9661円/m2 坪単価:277万5741円
最も高い地域:稲城長沼 22万5444円/m2 坪単価:74万5270円

 

東京都の多摩地区東端に位置し、府中市や調布市、多摩市のほか、隣県である神奈川県の川崎市と接している稲城市。ここでは、そんな稲城市の土地相場情報を紹介していきます。

 

まず、稲城市の土地購入の平均価格を見ていきましょう。これは、国土交通省に登録される「地価公示」の数値と県庁による「地価調査」の数値に基づいて、独自に算出されているデータです。平成27年で見てみると、20万8857円/m2(坪単価:69万0436円)となっています。

平成27年の全国平均が14万9978円/m2(坪単価:49万5796円)ですので、比較的地価の高いエリアである一方、東京都の平均83万9661円/m2(坪単価:277万5741円)から見ると、地価は低いエリアであると言えます。

市内にはJR南武線、京王電鉄・相模原線などが走っていますが、そういった路線の駅に近づくほどその土地の地価は上がっていく傾向が見られます。

 

地価をエリア別に分析すると、最も高額なのは稲城長沼エリアで22万5444円(坪単価:74万5270円)、次いで南多摩、矢野口となっており、いずれもJR南武線沿線。どのエリアも市の平均地価とそれほどずれていないのが特徴です。平成27年の公示地価で最も高額だったのは、「大字東長沼字四号1040番4」で29万4000円/m2(坪単価:97万1900円)でした。

 

宅地と商業地との地価の違いを見ると、宅地の平均価格は20万1972円/m2(坪単価:66万7676円)。商業地の平均価格は25万0166円/ m2(坪単価:82万6997円)となっています。

 

■多摩ニュータウンの一角を占める稲城市

稲城市は東西、南北ともに5.3kmほどの長さがあり、面積は約18km2。この地域はもともと米や梨などを中心とした農業地帯で、いまでも農業を営む世帯(特に名産の梨農家)は多く、市内を移動しているとそのことを実感できるはずです。

 

最近では東京近郊のベッドタウンとなっていますが、そのターニングポイントとなったのは昭和40年代に計画され、同46年にスタートした「多摩ニュータウン」事業です。この事業自体は平成18年に完了。現在は、区域内に残されている未利用地の計画的な処分が進められています。

 

多摩ニュータウンは稲城市のほか、多摩市、八王子市、町田市にまたがって開発されています。このうち、稲城市内では、開発にあたって最初に切り拓かれたエリアである向陽台や、長峰、若葉台といった3つの住区が「ファインヒルいなり」としてニュータウンに属しています。

 

南武線と京王電鉄・相模原線が市内を縦断しており、都心にアクセスする際には京王線で新宿駅を目指すことになります(約35分)。自動車の交通環境を見てみると、中央自動車道本線は通っていないのですが、現在無料区間である稲城大橋を利用すれば、東京方面へは市内から下道を通ることなくアクセスすることができます。

 

市内にはシンボル的な繁華街などはありませんが、閑静な住宅が立ち並ぶエリアが多くあり、東京では23区を除けば世帯の平均年収1位とされています。充実した住環境と都心へのアクセスの良さ、豊かな自然や充実した福祉・介護制度などでファミリー層からも注目を集めているエリアです。

 

■稲城市の土地評価額の動向

過去10年間(2006~2015年)の平均地価データを見ると、2008年に21万3828円/m2(坪単価:70万6871円)を付けてピークを迎えますが、そこから2012年までは下落傾向。2013年以降2015年までは上昇を続けています。2015年の地価を対前年比で見ると、約1.58%の上昇がみられました。

この10年間での価格の振れ幅は約1万3000万円/m2ほどで、それほど目立った変化のあるエリアではないと言えそうです。

 

■稲城市の地価ランキングは全国64位

それでは、改めて稲城市の地価を他の市町村と比較してみましょう。全国順位で見ると1731市町村中、64位にランクされており、東京都内の順位は54市町村中、40位。また、対前年比の地価上昇率1.58%は全国で131位、東京都内では24位でした。

 

あくまでも目安として同程度の価格帯の地域を見ると、都内では清瀬市や日野市、全国から探していくと、神戸市(兵庫)、逗子市(神奈川)、尼崎市(兵庫)、茅ケ崎市(神奈川)などと近い数値となっています。

 

■総括

稲城市には目立った再開発の動きや、商業施設の誘致などは見られませんが、子育て支援や老人福祉などに力を入れており、また都内にあって自然も多く残るエリアであることから、転入してくる若い世帯が多くなっています。こうした動きは地価の急激な増減にはつながりませんが、逆に言えば安定した相場を保っていける土地と考えることもできます。

 

また、前述したように未利用の土地も多く残っていることから、今後宅地化がさらに進んで、受け入れられる住民数も増えることが予測されており、需要と供給のバランスも保たれていきそうです。

資料請求
住宅診断
土地コラム一覧へ
PAGE TOP