コラム
cus_columns
梁見せ天井でおしゃれな間取りづくり♪東京・神奈川・埼玉の新築実例

おしゃれな梁見せ天井のLDK

雑誌やテレビに登場するようなおしゃれ注文住宅で見かけることが多い梁見せ天井、あこがれますよね。

デザイン性の高さは魅力ですが、間取りづくりの難しさなどデメリットも気になるところ。

今回は梁見せ天井の間取りをピックアップし、メリットやデメリット、対策などをご紹介します。

梁見せ天井を採用したおしゃれな新築デザイン集も写真付きで解説しますので、住まいづくりの参考にどうぞ♪

 


目次
■梁見せ天井とは?
■おしゃれな梁見せ天井の新築実例
■梁見せ天井のメリット
■梁見せ天井のデメリットと対策
■梁見せ天井と相性の良い間取り/デザイン


 

■梁見せ天井とは?

おしゃれな梁見せ天井

梁とは柱どうしをつなぐ横方向の構造体のことで、本来天井の裏に隠れているものです。

お部屋の天井を高くして梁を露出させるデザインは、ログハウスや吹き抜けのレストランなどでよく見かけますよね。力強い住まいの構造をあえてみせる梁見せ天井は、リビングのおしゃれなアクセントにピッタリです。

照明にこだわったり、梁のカラーや仕上げを選んだりしてオリジナリティを出しやすいのも梁見せ天井の特徴。デザイナーズ住宅を目指すなら、ぜひ挑戦してみましょう。

 

■おしゃれな梁見せ天井の新築実例

実際の新築注文住宅で梁見せ天井を採用した実例をピックアップしました。デザイン、間取りとの調和にも注目してみてください。

 

事例①

大きな梁の見えるリビング

大きな吹き抜け空間を支える、一本の梁が特徴的なリビングです。木目を活かしたホワイト塗装で空間になじみ、「残ってしまった」のではなくあえて見せるおしゃれなデザインに。

 

自然な梁見せ天井のリビング

決して邪魔な印象がなく、そこにあるのが自然に感じるデザインになっています。

 

【吹き抜けとパティオで、建物隅々まで明るく暖かい住まいに。|八王子市】

 

 

事例②

火打ち梁の見える吹き抜け天井

こちらは梁ではなく「火打ち」と呼ばれる構造を見せている天井デザインです。直線的な梁見せ天井と違い、斜めの木材が空間に変化を与えておしゃれな雰囲気を演出します。高窓からの自然光がたっぷり入り、リビング自体の解放感も大幅にアップ♪

 

全面ではなくリビングの一部を吹き抜けにして、全体のバランスを取っています。冷暖房効率が気になる方におすすめの間取りアイデアですね。

 

【緑豊かな自然に囲まれた 「ザ・ウェルホーム」|立川市】

 

■梁見せ天井のメリット

解放感のある梁見せ天井の間取り

大胆に梁を見せるデザインの魅力やメリットを一つずつ見ていきましょう。

 

・解放感があり広く見える

天井高が大きくアップする梁見せ天井は、かなり解放感のある広いお部屋に仕上がります。特に床面積が広いリビングと組み合わせると、気持ち良く過ごせるスペースになりますよ♪

高い位置に窓をつくることができるため、日中たっぷり自然光が入るのも解放感アップにつながるポイント。コンパクトなお部屋と組み合わせて圧迫感を解消するのも効果的です。

 

・おしゃれなアクセントになる

住まいを支える力強い梁は、それ自体が空間のオシャレなアクセントとして機能します。

シンプルな内装に変化が生まれ、わざとらしくない上品な仕上がりになるのが特徴です。木目を活かしたり、ホワイトやブラックなどカラーで仕上げたりとデザインバリエーションも豊富です。

 

・照明プランの自由度が上がる

梁上空間が広がると、照明の種類や照らし方のバリエーションが増えるのもデザイン上のメリットです。

一般的な天井高だとシーリングライトやダウンライトなど、照明の種類や配置は限られてきます。梁見せ天井の場合高い場所から照らしたり、逆に下から梁上を照らしたり、いろいろな光の配置を楽しめるのが特徴です。

 

■梁見せ天井のデメリットと対策

梁の見えている吹き抜け

メリットがあればデメリットもあります。対策とセットで覚えておき、間取りづくりで後悔の無いようにしましょう。

 

・電球交換が大変

高い天井は照明の位置が遠くなるため、電球が切れたときの交換が少し大変です。小さな脚立では届かなくなるケースもあるため、電球交換のたびに大型脚立を用意するのは手間ですよね。

 

【対策】⇒寿命の長いLEDを選ぶ

以前主流だった蛍光灯タイプは2~3年で切れることもありましたが、最近はより寿命の長いLED照明も増えています。蛍光灯の数倍の寿命を持つLEDなら、交換頻度を減らせるので高い位置にあってもそれほど負担はありません。

最近は流通量が増えたため価格も安くなっているため、これから選ぶなら基本的にLEDにするのがおすすめです。

 

・冷暖房効率が落ちる

梁見せ天井は一般的なお部屋より空気の体積が増えるため、エアコンや暖房のスイッチを入れてから適温になるまでに時間がかかります。大きな吹き抜けにする場合は窓の面積が増えるため、外気の影響を受けやすくなるのもデメリット。

 

【対策】⇒高気密高断熱住宅にする

広い空間の冷暖房効率対策としては、住まい全体を高気密・高断熱化するのが効果的です。外壁・屋根・床をすき間なく断熱材で充填し、ペアガラスで窓の熱損失を減らせば、魔法びんのように室温を保てます。外気の影響を受けにくくなり、光熱費も抑えられます。

 

・ホコリが溜まる

吹き抜けと組み合わせて梁を丸ごと見せるデザインは、どうしても上面にホコリが溜まります。普段見えない部分でも、ちょっと気になりますよね。手が届かない場所は頻繁にお掃除するのも難しいです。

 

【対策①】⇒お掃除しやすい間取りにする

吹き抜けなど梁上が見える間取りデザインにするなら、2階通路と組み合わせてお掃除しやすくするのも一つの対策です。通路から手が届く位置に梁があれば、ホコリを床に落として掃除機をかければOK。

 

【対策②】⇒梁の上面が見えないデザインにする

梁上と天井面を合わせて、そもそもホコリが溜まらないデザインにするのも有効です。梁自体はアクセントとして活きますし、天井も高くできるのでお部屋の解放感もアップします。どうしても吹き抜けにしたい場合を除けば、効率的なデザインです。

 

■梁見せ天井と相性の良い間取り/デザイン

おしゃれな梁見せ天井のリビング

梁見せ天井と組み合わせることが多い、相性の良い間取りとデザインをピックアップしました。

 

・リビング階段

高い梁見せ天井とリビング階段の組み合わせは、より解放感を強調しておしゃれに見せてくれます。縦の空間を強調することで解放感がアップし、階段のデザインもリビングを彩ってくれます。

リビングを中心に各部屋へアクセスしやすくなるため、動線効率が良くなるのもメリットの一つ。家族が顔を合わせる機会が増えるため、素敵なコミュニケーションリビングになるのも良いですね。

 

・渡り廊下

梁越しにお部屋を見下ろすことができる2階の渡り廊下も、梁見せ天井と相性の良い組み合わせです。壁に囲まれた廊下だとただの通路ですが、毎日通るたびに眺望を楽しめる素敵な空間になります。前述したように、梁上のお掃除がしやすくなるのもメリットの一つ。

 

・ダクトレール照明

梁の側面や下面にダクトレールを設置して、好きな場所にスポットライトをつける照明プランもとてもおしゃれ。

 

照明自体がおしゃれなアクセントになりますし、梁や吹き抜け空間をライティングすることで高級感やリラックス感を演出できます。気分や季節に合わせて照明の位置や種類を変えられるのもgood。

 

■まとめ:おしゃれな梁見せ天井を上手に取り入れましょう♪

大きな解放感とオリジナリティのある仕上がりが魅力な梁見せ天井、おしゃれなマイホームを目指すならぜひ挑戦してみてください。しかしデザインや機能上のデメリットもありますので、しっかり対策することが大切です。施工店のデザイン力や設計力が大切になりますので、施工実例をチェックして実績のある会社を選びましょう。いろいろなデザインをチェックして、気に入ったものを上手く採り入れてみてください♪今回の記事が、素敵なマイホームづくりの参考になれば幸いです。

 

■東京・埼玉・神奈川の住まいづくりはウェルホームにご相談ください

私たちウェルホームは、お客様の暮らしに合わせた間取り・デザインのご提案を得意としています。気分を上げてくれる素敵な内外観はもちろん、使い勝手の良い住まいづくりもお任せください♪

 

新築住宅の平面図

【ウェルホームの住まいづくり】

 

八王子・立川・横浜の3箇所には、実際の間取りを体感して頂けるモデルハウスもご用意しています。デザイナーが腕を振るったおしゃれなデザインと間取りのアイデアを、ぜひご覧ください。いまのお住まいに関するお悩みもその場でご相談いただけますので、お気軽にご利用いただけます。スタッフ一同、お待ちしております。

ウェルホームのモデルハウス

ハウスクエア横浜店

ウェルホームのモデルハウス

八王子店

立川店