コラム
cus_columns
【二世帯住宅】家づくりのメリット・デメリットをまとめて解説

alt=”注文住宅家づくりのポイント”

 

異なる価値観を持つ、ふたつの世帯が一緒に暮らす二世帯住宅。お互い支えあいながら暮らす安心感や心強さがある反面、気を使いながら毎日を過ごす窮屈さもあります。せっかく一緒に暮らしていくのであれば、二世帯住宅のメリットもデメリットも知った上で、快適に暮らしていきたいですよね。

そこで今回は、家づくりを始める前に知っておきたい二世帯住宅のメリット・デメリットをまとめました。

 


コラムのポイント
・二世帯住宅とは、親世帯と子世帯のふたつの家族が一緒に暮らす住宅のことで、『完全同居タイプ』『部分同居タイプ』『完全分離タイプ』の大きく3つのタイプに分けられます。
・二世帯住宅には、世代を超えた子育てができる、経済的負担を抑えることができる、家事や介護の負担減少というメリットがあります。
・一方、お互いに気を使う、音が気になる、価値観のズレといったデメリットもあります。様々な視点を取り入れながら、理想を詰め込んだ二世帯住宅の家づくりを進めていきましょう。


 

 

目次

◼ 二世帯住宅とは
・間取りのタイプは3種類
◼ 二世帯住宅のメリット
・メリット① 世代を超えた子育てができる
・メリット② 経済的負担を抑えることができる
・メリット③ 家事や介護の負担減少
◼ 二世帯住宅のデメリット
・デメリット⒈ お互いに気を使う生活
・デメリット⒉ 気になる毎日の生活音
・デメリット⒊ 価値観のズレ
◼ みんなが笑顔!快適な二世帯住宅を建てるなら…

 

 

 

 

 

二世帯住宅とは


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯のふたつの家族が一緒に暮らす住宅のことです。家族の形やライフスタイルの変化によって、都心でも二世帯住宅を選ぶ方が増えてきています。

 

間取りのタイプは3種類


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

二世帯住宅の間取りタイプは、大きく3つに分けられます。

 

完全同居タイプ

玄関からリビング、キッチン、お風呂など全てを共有したものが『完全同居タイプ』です。
建築費用を抑えることができる、出産や旅立ちなどで家族の人数が変わっても対応しやすい、などのメリットがあります。一方で、プライバシーの確保が難しく、価値観や生活スタイルのズレに最もストレスを感じやすいというデメリットもあります。

 

部分同居タイプ

玄関だけ共有、キッチンとリビングだけ共有、というように、室内を部分的に共有したものが『部分同居タイプ』です。

適度な距離感を保ちながら、コミュニケーションをとりながら暮らせるメリットがあります。しかし、こちらもプライバシーの確保が難しい、生活費の分担が難しい、というデメリットもあります。

 

完全分離タイプ

玄関も別々、リビングもキッチンもお風呂、トイレも全て別々というように、見た目はひとつの家ですが、生活スペースがすべて分離されたものが『完全分離タイプ』です。

適度な距離感を保ちながら、プライバシーも確保できるメリットがあります。一方ですべての設備と部屋数が2倍必要になるため、最も建築費がかかります。

 

 

 

 

二世帯住宅のメリット


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

では、順番に二世帯住宅のメリットを見てみましょう。

 

メリット① 世代を超えた子育てができる

二世帯住宅には、一緒に暮らしながらお互いの生活をサポートできるという最大のメリットがあります。特に子育てに関しては、様々な視点や価値観のもと、協力しながら関わることができます。

忙しい共働き夫婦の場合、留守番や塾の送迎、宿題など手をかけることが難しい場面も多々あります。しかし二世帯住宅なら、親世帯に子どもの面倒を見てもらうことができるので安心です。勉強面のサポートだけでなく、文化や歴史に触れることは子どもにも良い影響を与えます。また、親世帯にとっても孫たちの元気な姿をいつも見守ることができる環境は幸せなものでしょう。

 

メリット② 経済的負担を抑えることができる

二世帯住宅として一緒に暮らすことで、電気代、水道代、食費などを抑えることができます。定期的に訪れる家のメンテナンスや点検、リフォームにかかる費用、車のガソリン代や車検代などの維持費も抑えることができます。

また、二世帯住宅は小規模宅地等の特例を適用することで、土地の評価額を抑えて相続税を軽減することができます。相続の際、必要な申請をすることで最大80%もの評価額が抑えられるのは大きなメリットでしょう。

 

メリット③ 家事や介護の負担減少

仕事で忙しい時、体調を崩している時など、必要な時にサポートができるので家事を負担することができます。また、年を重ねて介護が必要になった時でも、すぐ近くでサポートしてもらうことができます。

いつでも頼れる相手がすぐそばにいる、急な体調の変化や異変があった時でもすぐに気づくことができる、というのは精神的にも体力的にも負担を抑えることができます。

 

 

 

 

二世帯住宅のデメリット


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

二世帯住宅のデメリットには次のようなものが挙げられます。

 

デメリット⒈ お互いに気を使う生活

世代も価値観もライフスタイルも大きく異なる家族が一緒に暮らすのですから、ストレスはつきものです。料理の味付けが違う、掃除の仕方が違う、金銭感覚が違う、など細かい部分での違いに気を配ることももちろん大切ですが、一生続くかもしれないと思うと気が滅入るかもしれません。

尊重し合いながらも、リラックスして暮らせるようにコミュニケーションをとることが大切です。

 

デメリット⒉ 気になる毎日の生活音

忙しい共働き夫婦とリタイアした親世帯、子どもが小さい子世帯とまだ現役で働いている親世帯、というように、世帯同士の生活リズムが異なることは多々あります。孫の騒ぐ声や走り回る音がうるさい、深夜の玄関の音が気になる、夜中に何度もトイレに行く音が気になる、朝早くから活動をされるとゆっくり寝ることができない、など音に関する悩みはどうしてもストレスになるようです。

防音対策や間取りの工夫など、家づくりの段階でいかに音によるストレスを抑えられるかが大切です。

 

デメリット⒊ 価値観のズレ

20〜40歳ほど歳が離れると、どうしても価値観のズレは生じます。生きてきた時代が違うので仕方のないことですが、価値観が大きく異なる人同士が同じ屋根の下で共同生活を送るとなると、時に意見がぶつかることもあります。

二世帯住宅で暮らす場合、価値観をすり合わせながら、いかに毎日を笑顔で健康に暮らしていくかが重要です。我慢して乗り越えることもできますが、気になることはしっかりと話し合い、良好な関係を築き続けていけるよう、お互いが工夫していきましょう。

 

 

 

みんなが笑顔!快適な二世帯住宅を建てるなら…


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

二世帯住宅で暮らせば、お互いに支えあいながら毎日を過ごすことができます。デメリットさえも超えていけるよう、理想を詰め込んだ二世帯住宅の家づくりを進めていきましょう。

 

「WELLHOMES」は希望・願いを意味する 「WELL」から名付けられました。
「家づくり」は人生でいちばん大きな 買い物ではなく、プロジェクトです。

 

あなたの希望のプロジェクトを応援することを使命に、豊かな人生の実現に貢献することを目指してまいります。
注文住宅の家づくりをもっと楽しく。もっと快適に。耐震性能や気密・断熱性能、長期保証を網羅しながら、あなたの「欲しい」をデザインしています。

あなたの家づくりを、しっかりとサポートします。ぜひ気軽にご相談ください。

 

 

 

ネクストイノベーション株式会社  ウェルホーム

■ハウスクエア横浜店
〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1 No.24 TEL:042-595-9911

■八王子店
〒192-0034 東京都八王子市大谷町234 No.1 TEL:042-595-9911

■立川店
〒190-0015 東京都立川市泉町935−1 No.17 TEL:042-595-9911

■営業時間 10:00~18:00
■定休日 なし
■施工対応エリア 東京都・埼玉県・神奈川県  ※詳しくはお問い合わせください