コラム
cus_columns
【注文住宅】後悔しないためにおさえておきたい7つのポイント

alt=”注文住宅家づくりのポイント”

エネルギーも時間もお金もかけて、理想を詰め込んで建てた注文住宅。失敗だけはしたくないから、注意して建てたのにも関わらず、数年後には『後悔している…』という声を聞くことも少なくありません。

自由に間取りや内装を決められる注文住宅を建てる場合、あらかじめ知っておきたい家づくりのポイントがいくつかあります。今回は、後悔しないためにも大切なポイントを7つ、ご紹介します。

 


コラムのポイント
・注文住宅は、自分たちの理想や希望を詰め込んで自由度の高い家づくりをすることができます。
・必要な情報はしっかりと集めて準備し、選ぶ基準や自分たちの価値観を明確にすることが大切です。
・建ててから後悔しないよう、後悔されがちなポイントをしっかりとおさえて家づくりを進めていきましょう。


 

目次
◼ 注文住宅とは
◼ これが大切!7つのポイント
・ポイント① 部屋の広さと間取り
・ポイント② コンセントの位置と数
・ポイント③ 日当たりや風通し
・ポイント④ 本当に生活に必要な設備
・ポイント⑤ 収納スペース
・ポイント⑥ ローンの返済計画
・ポイント⑦ 家の立地
◼ 家づくり…そもそも多くの人がなぜ後悔するの?
◼ 後悔のない自分たちにあった家づくりを!

 

 

 

 

注文住宅とは


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

注文住宅とは、施工主が自由に間取りや内装を決めることができる住宅のことです。使う木材や瓦の種類など全てをフルオーダーできるタイプや、お風呂やキッチンなどの設備や壁紙の色など、要所要所を決めることができるセミオーダータイプがあり、いずれにしろ自分たちの理想や希望を詰め込んで家づくりをすることができます。

 

 

 

 

これが大切!7つのポイント


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

注文住宅を建てた後で、後悔していることとしてよく挙がるポイントが7つあります。家づくりを始める前に、チェックしておきましょう。

 

ポイント① 部屋の広さと間取り

 

それぞれの部屋をどのくらいの広さにするか、どんな間取りにするか、よく考えておきましょう。リビングをギリギリの広さにしたため新しい家具が置けなくなってしまった、子ども部屋を快適にしすぎて子どもが部屋から出てこなくなった、などバランスを考えて決めていかないと後悔に繋がります。家族と過ごす時間を大切にしながら、心地よく過ごせるように工夫することが大切です。

 

ポイント② コンセントの位置と数

 

いざ暮らし始めてみると、ここにコンセントがあればよかった…と後悔することは意外と多いもの。プロが作った設計図だけで判断せず、事前にイメージして書き出しておくと良いでしょう。

例えばキッチンの場合、どこにキャビネットを置くのか、その中にはどんな家電を置くのか、など書き出してみます。炊飯器、電子レンジ、オーブンをおくのであれば、最低3つは近い場所にコンセントが必要になります。他にも、ルンバを使うのであればクローゼットや収納内に充電用のコンセントが必要です。後で改修工事を行うと時間も手間もかかるので、事前に確認しておきましょう。

 

ポイント③ 日当たりや風通し

 

日当たりや風通しの良さは室内を明るく快適にするだけでなく、精神面にも大きな影響を与えます。あまり日当たりが良くないと秋から冬にかけての寒さに耐えたり、室内の暗さにストレスを感じたりしながら過ごすことになってしまいます。反対に、日当たりが良すぎると夏場のクーラーが効きにくかったり、室内が日焼けしてしまったりすることもあります。また、24時間換気システムがあるとはいえ、風通しの悪い家は空気の循環がなく心地よさを保てません。

いずれにしろ、快適に過ごせるように日当たりや風邪通しは工夫しましょう。

 

alt=”注文住宅家づくりのポイント”

ポイント④ 本当に生活に必要な設備

 

新しく家を建てるとなると、最新の設備を選んで快適な暮らしをしたい、家事を時短にしたい、という方がほとんどでしょう。しかし、どれだけ便利なものでも結局使わなければ宝の持ち腐れとなり、費用だけがかかってしまいます。

予算の問題もあるので、自分たちの暮らしに本当に必要な設備は何なのか、どのくらいの頻度で使うのか、なかったとしたらどのくらい不便なのか、などしっかりと家族で相談した上で決めると良いでしょう。

 

ポイント⑤ 収納スペース

 

部屋を広くしたくて収納スペースを少なくしたため部屋が片付かない、収納スペースを広くしすぎて部屋が狭くなってしまった、など収納に関するものも、数多く挙がる後悔のひとつです。

その収納スペースには何を収納するのか、どのくらいのスペースが必要なのか、あらかじめ考えておくと良いでしょう。家づくりに先駆けて断捨離もしておけば、所有物が減り収納スペースも少なくすることができるため、広い部屋を造ることができます。

 

ポイント⑥ ローンの返済計画

 

せっかく家を建てるのだから、妥協はしたくないし理想の家にしたいですよね。しかしあれもこれも…とオプションを追加し設備のグレードを上げてしまうと、予算を軽く超えてしまいます。住み心地はよくなったものの、毎月のローンの返済に頭を抱え、切り詰めた生活を長年送らなければならないとなると本末転倒です。

後悔しないように、冷静にかかる費用を考えた上で、余裕を持った家づくりの計画を立てていきましょう。

 

ポイント⑦ 家の立地

 

家を建てる場所の条件として、駅まで徒歩10分以内、小学校が近い、治安がいい、地盤が強く津波の心配がない、など様々なものがありますが、ほぼすべての条件を満たす土地はすぐには見つけられません。妥協して選んでしまい後悔する羽目に…という声も多く挙がっています。

自分たちが暮らしたい場所の条件として、優先順位が高いものは何なのかを把握した上で、土地選びは進めていきましょう。また、場所によっては昼間と夜間の街の雰囲気が全く違う、道路が狭く運転がしにくい、など一見判りにくいデメリットが潜んでいる場合もあります。時間帯や交通手段を変えて足を運び、事前にチェックしておきましょう。

 

 

 

 

家づくり…そもそも多くの人がなぜ後悔するの?


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

家づくりに関する情報はたくさん溢れているものの、なぜ多くの人が後悔するのでしょうか。その理由として、2つの理由が考えられます。

 

まず1つは、知らないことが多く必要な準備をしていないことでしょう。インターネットで情報を集めたり、カタログを取り寄せたり、住宅展示場に足を運んだりすることで、必要な情報は集めることができます。ある程度の知識があれば、自分たちで判断することができますし、わからないことは尋ねながら、家づくりを進めることができるでしょう。しかし準備不足で臨んでしまうために、相談時に揉めたり話を詰めていくことが嫌になったりして、結果として納得のいく家づくりができないのです。

そしてもうひとつは、選ぶ基準や自分たちの価値観が明確になっていないことです。選ぶ基準や価値観が明確になっていないと、すべてにおいてあやふやな判断になってしまいます。決めた後も、これで良かったのか…やっぱりあっちが良かったのでは…と納得できず、結局後悔してしまいます。

 

誰のための家づくりなのか、どんな暮らしをしたいのか、自分たちの考えを固めた上で家づくりを進めていけば、ほとんど後悔することなく理想の家づくりができるでしょう。

 

 

 

 

後悔のない自分たちにあった家づくりを!


alt=”注文住宅家づくりのポイント”

どんな家を建ててどんな暮らしをしたいのか。しっかりと自分たちの考えを把握した上で、後悔のない理想を詰め込んだ家づくりを進めていきましょう。

 

「WELLHOMES」は希望・願いを意味する 「WELL」から名付けられました。
「家づくり」は人生でいちばん大きな 買い物ではなく、プロジェクトです。

 

あなたの希望のプロジェクトを応援することを使命に、豊かな人生の実現に貢献することを目指してまいります。
注文住宅の家づくりをもっと楽しく。もっと快適に。耐震性能や気密・断熱性能、長期保証を網羅しながら、あなたの「欲しい」をデザインしています。

あなたの家づくりを、しっかりとサポートします。ぜひ気軽にご相談ください。

 

 

 

ネクストイノベーション株式会社  ウェルホーム

■ハウスクエア横浜店
〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1 No.24 TEL:042-595-9911

■八王子店
〒192-0034 東京都八王子市大谷町234 No.1 TEL:042-595-9911

■立川店
〒190-0015 東京都立川市泉町935−1 No.17 TEL:042-595-9911

■営業時間 10:00~18:00
■定休日 なし
■施工対応エリア 東京都・埼玉県・神奈川県  ※詳しくはお問い合わせください