コラム
cus_columns
東京・神奈川・埼玉で家づくり|狭小住宅とは・コンパクトな暮らしのご提案

25坪の平屋のリビング:スキップフロアを採用して立体的な空間づくりをしました

 

 

あなたは狭小住宅にどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

名前の通り、土地が狭く小さな住まいなので、部屋数が確保できず、収納スペースが足りない、圧迫感がある・・・などマイナスな印象もあることでしょう。

 

しかしその反面、東京、神奈川、埼玉で叶える、魅力的なミニマムな都会暮らしとしてが注目を集めています。

今回は、この狭小住宅を建てるメリットや都会で人気が高まっている理由を公開します。

 

 

 

土地の狭さを感じさせないアイデアが詰まった住まいや狭小住宅だからこと叶う価格や無駄のない間取り、耐震施工など、都心で暮らすスマートな家づくりのご提案もウェルホームにお任せください。

 

 

 

 

 

 

目次

 

■ 都心の狭小住宅事情

・平均的な坪数はどれくらい?

・気になる価格は?

■ 狭小住宅でコンパクトな暮らし

・狭小住宅のメリット

・狭小住宅デメリット

・狭小住宅に必要な工夫とアイデア

■ 収納スペースを考える

■ まとめ

 

 

 

 

■ 都心の狭小住宅事情

 

 

 

東京・神奈川・埼玉といった都市部で便利な暮らしを望む人は多いのではないでしょうか?

通勤や通学、通院、買い物を考えると交通の便がよく、近所に商業施設が多い都市部は、利便性バツグンの場所なのです。

また、土地の資産価値が下がりにくいという点でも都心に家を建てる価値を感じさせます。

しかし、その高い価値のために家づくりの予算が間に合わず、都会での暮らしを断念せざるを得ないというのも現実です。

そこで、注目を集めているのが予算を抑えた狭小住宅なのです。

 

 

 

平均的な坪数はどれくらい?その定義は?

 

一般的に新築を建てる場合、坪数約35~40坪が平均的な数字です。

 

狭小住宅といえば、明確な定義はありませんが一般的に約10~25坪以下の土地に建てる住まいのことをさします。

 

先ほど話したように、特に地価の高い都心部では、効率的で人気の高い住まいなのです。

そのため、都心部では25坪以下の土地の需要が増えているのです。

 

 

 

気になる価格は?

 

都心部の地価は非常に高いため、広い家を建てようとすればとても手が出せない予算を目の当たりにすることになりますし、当然土地探しも困難になることでしょう。

 

例えば、基準地価平均・都道府県ランキングで、2位、3位の大阪府、神奈川県が約25から35万円/㎡に対して、全国1位の東京都では約100万円/㎡必要になります。

 

しかし、狭小住宅では床面積の広さを抑えることで、土地代はもちろん家を建ててからの固定資産税、また光熱費や管理・維持費を大幅に抑えることが可能になります。また、都心部であっても狭小地であれば比較的低価格な土地を見つけやすくなります。

 

 

 

 

ウェルホームでは、あなたの「欲しい」住宅づくりをお手伝いします。

お客様の理想の家づくりというプロジェクトに寄り添い、ご家族様の豊かな人生の実現に貢献することを目指してまいります。

 

 

 

 

 

■ 狭小住宅でコンパクトな暮らし

 

 

 

狭小住宅は、東京・神奈川・埼玉といったその地域がもともと便利な環境だからこそ建てられる住まいでもあります。家の中に広すぎる収納場所や駐車スペースを必要としない生活圏にあるからこそ、無駄をはぶいてシンプルかつスマートなミニマムな生活を送る上でも、都心部での狭小住宅は理に適っているのです。

 

 

 

・狭小住宅のメリット

 

まずは、東京・神奈川・埼玉を中心とした土地で狭小住宅を建てるメリットをご紹介します。

 

 

 

◎ 資産価値・利便性が得られる

 

 

 

都市部に家を建てるということは、ほぼ下がることのない土地資産を得られるとともに、利便性の高い生活を容易にします。通勤や通学、通院、買い物に行くのに時間がかかるのは、日々の大きな生活負担につながる可能性があります。スマートで贅沢、便利な生活は、都心暮らしの醍醐味です。

 

 

◎ 固定資産税や生活費のコストダウンが期待できる

 

狭小住宅では、そもそも土地面積が狭いので、延べ床面積も抑えられる可能性が高く、結果的に固定資産税を下げることができます。また、コンパクトな構造のメリットとして効率的な光熱費の節約やメンテナンス・修繕のコストも下げられる可能性があります。

 

 

◎ 家事・掃除の時短、効率化がはかれる

 

広い家の意外な盲点でもある家事や掃除にかける時間・労力を狭小住宅では、大幅にカットすることができます。広い家では部屋数が多い可能性も高く、また広範囲を毎日掃除するのはなかなか大変です。また、広い土地で庭付きとなれば、庭の管理にも時間や手間、コストが必要になります。無駄のない狭小住宅では、毎日の家事・掃除時間を短縮させ、充実した時間を確保しやすい生活システムを作り出します。

 

 

 

・狭小住宅デメリット

 

 

 

次に、狭小住宅を建てて後悔した点やデメリットを紹介します。

 

 

 

● 建築費が割高になる

 

いわゆる住宅街には、同タイプの狭小住宅が数多く集まっている可能性があります。そのため、道幅が十分になく大きな重機が入りにくい場所である場合もあります。また、足場が組みにくい場合も同様に、その分プラスに人件費や建材の運送費がかかることがあります。

また、狭小住宅に見られる3階建てにする場合、強度を十分に確保するための建築費用が割高になる可能性があります。

 

 

 

● 隣近所との距離が近くなる

 

先にも述べたように、狭小住宅が数多く集まれば住宅街特有のデメリットが出てきます。

家同士が近く隣接しているため防音対策やプライベート空間の目隠し措置が必要になるでしょう。また住宅同士が近いということは、間取りや設計によっては考えていたほど日当たりや風通しが良くない、窓からの見通しが悪いという問題が出てくる可能性があります。

 

 

 

・狭小住宅に必要な工夫とアイデア

 

 

 

もともと狭小住宅は、狭い土地を最大限に活かすために、無駄をなくし必要最低限のアイデア活かした住まいです。つまり、ご家庭の生活を見直すよい機会にもなり、余分を取り除いた分、シンプルにご家族らしい暮らしを守ることができると考えます。

狭小住宅だから生まれた工夫やアイデアをご紹介していきましょう。

 

 

 

◎ 耐震性能を考えた構造に

 

 

 

狭小住宅のデメリットである延べ床面積を確保するために住居スペースを縦に長くとる場合があります。例えば3階建てのように建物に高さが出れば、家を支えるバランスも崩れやすく、地震や台風などの影響を受けやすくなります。ここ最近増えている自然災害に負けない頑丈な構造、また十分な耐震性能を備えておく必要があります。

 

 

 

◎ 家事動線を意識した間取りに

 

 

 

生活動線はもちろん、家事動線も意識した間取りを考えましょう。例えば家事動線を縦に配置してしまうと、毎日の必要な家事のために何度も重い荷物を持って、階段を上り下りしなくてはいけなくなります。水回りやリビング、キッチン、寝室という日常の中心をよく考えて設計することで、無駄のない快適な狭小住宅のよさを活かすことができます。

 

 

 

◎ 将来を見据えた設計に

 

 

 

限られたスペースを上手に活用する必要があるため、将来を見据えてご家族のライフスタイルや家族構成の変化も考慮しておきましょう。子供が成長した時に部屋の仕切りができるよう設計しておく、将来夫婦2人になった時に無駄な空間ができないよう活用プランを考えておくなどして、柔軟に対応できる設計にしておくと安心です。

 

 

 

■ 収納スペースを考える

 

 

 

1⃣ 必要な収納を考える

 

一言で収納と言っても、そのタイプやサイズはさまざまです。例えば衣服が多い場合効率的なクローゼットが便利でしょう。自転車置き場ビルトインガレージを作るのであれば、建物の構造自体の工夫や考慮が必要な場合もあります。日常生活を見直して、片付けやすく取り出しやすい最適な場所を探し出しましょう。

 

 

 

2⃣ 開放感を意識した家づくり

 

狭小住宅だからこそ、あれこれプランを詰め込み過ぎると窮屈になってしまう可能性があります。そのため、開放感を保ちつつ、スキップフロアをつくるなど空間を上手に利用して、快適な家づくりを目指しましょう。

 

 

 

3⃣ デッドスペースを有効活用

 

例えば3階建ての狭小住宅であれば、縦に長い構造を活かしてロフトを作って収納スペースにするのもよいでしょう。また、床下や地下空間に設けた隠せる収納も便利です。

狭小住宅にあえて大きな収納部屋を確保するのではなく、デッドスペースを有効に活用することをおすすめします。

日常的に使うものであれば、使い勝手を考えておしゃれに「見せる収納」にするのもひとつの手です。

 

 

 

 

ご家族の理想の家をつくるときも、住むときも、住んでからも楽しい家であるために、ウェルホームではご家族様と一緒にライフスタイルや将来を見据えたアイデア溢れる間取りやプランをご提案しております。

 

 

 

 

 

■ まとめ

 

 

 

東京・神奈川・埼玉で夢のぜいたくでスマートな生活を送るための満足な狭小住宅を建てるためには、後悔しないための注意ポイントをよく理解しつつ、ご家族の生活を見直しよく話し合い間取りやプランを練ることをおすすめします。

無駄をなくした、おしゃれでコンパクトな狭小住宅での住まいは、あなたの生活をスマートで快適なものにしてくれることでしょう。

 

 

 

 

ウェルホームで、コンパクトで都会的な理想の家づくりを始めてみませんか。