コラム
cus_columns
夢のマイホームを購入したい|理想が叶う注文住宅は見つかる?

 

憧れのマイホームをイメージしてみて下さい。

 

おしゃれな外観、開放的なリビング、使い勝手のよいキッチン、くつろぎの寝室、自分だけの書斎。ずっと家族で過ごしたくなる心地よいマイホームをお探しではありませんか?

 

注文住宅に興味があるけど、購入予算や住宅ローン、土地探しにハウスメーカーや工務店探し、始め方が分からず購入のタイミングを見失っていませんか?

 

こちらではマイホーム購入の流れや資金計画に関する疑問の解決、ハウスメーカーや工務店選びに失敗しないためのポイントを解説していきます。ご家族様理想のマイホームへの第一歩を踏み出してみましょう。

 

 

 

目次

 

■理想的なマイホーム、注文住宅の活かし方

■ハウスメーカー、工務店選びのおすすめポイント

■家づくりの流れ

■資金計画を立てよう

 

 

 

■ 理想的なマイホーム、注文住宅の活かし方

 

まずは、家族のライフスタイルやこだわり、希望を見直してみましょう。注文住宅で叶えたいカタチを確認してイメージを膨らませてみましょう。

 

 

・家族のライフスタイルや将来を見据えて

 

家づくりで最も重要なことは、そこで暮らす家族のライフスタイルに合わせることです。家事や子育て、家族団らん、くつろぎの空間、趣味のスペースなど家族みんながより快適に、楽しく過ごせる環境づくりを考えてみましょう。

 

そして、より長く快適に安心して暮らせるようライフスタイルの変化や耐震性能、断熱性能、気密性能、保証体制も確認しておきましょう。

 

ウィルホームと作る理想の暮らしづくりは、マイホームをただ購入するのではなく、人生でいちばん大きな家族プロジェクトであると考えています。家族みんなの豊かな人生を実現させるお手伝いさせていただきます。

 

 

 

・注文住宅だからできること

 

建売とは違い、注文住宅では家族の暮らしを考えてプランニングを進めます。そのため、暮らし始めてから不便や物足りなさを感じることなく納得のいく生活をおくることができます。

 

家族構成、土地の条件、住まいへのこだわりなどは多岐に渡ります。

 

ウェルホームは、家族1人1人に寄りそい様々な要素や要望を家づくりのコンセプトに設定して、より価値ある住まいを提供していきます。

 


 

また、家族が成長していく過程で思い出を刻みながら永く愛される価値ある住まいになるよう、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できる間取りを一緒に考え、設計することができます。

 

 

 

■ ハウスメーカー、工務店選びのおすすめポイント

 


 

ハウスメーカーや工務店選びのポイントは条件や希望によって様々ですが、マイホーム購入に向けて動き始めるといくつかの疑問が浮かび上がってきます。それでは、よくある疑問に答えるかたちでポイントを押さえていきましょう。

 

 

・注文住宅の価格予算は?

 

マイホーム購入にかかる費用は、土地代と建物代、その他諸費用が必要になりますが、特に気になるのは土地代+建物代の相場ではないでしょうか?

 

地域によって、土地代が違うのはよくご存知かと思いますが、土地代が比較的高い首都圏では、その分低い坪数でマイホーム購入を決める人が多いようです。

 

一方で、首都圏に比べて土地代の安い地域では高い坪数でマイホームを建てる人が増えているようです。つまり、マイホーム購入にかかる費用は全国的に2,000万円台~3,000万円台が相場のようです。4,000万円台以上かかる場合の理由としては、土地代が高い、3階建て(世帯数が多い)、仕様や設備がハイグレードなどが挙げられます。

 

土地代を含めた予算設定で、設計や資材の工夫を駆使して、無理のない資金計画を立ててくれるハウスメーカーや工務店を選びましょう。

 

 

・どんな構造や工法が注目されているの?

 

ハウスメーカーや工務店によって様々に構造や工法を打ち出しているため、どれがより安心・安全で信頼できるのかを見極める必要があります。

 

地震大国である日本では、耐震性能が高い家であることは欠かせない条件です。繰り返しの地震への対策も見直され、ダンパー装置による制震システムの人気も高まっています。

 

ウェルホームでは、無垢材の劣化や反りを低減させ、より強度を高める構造用単板積層材「LVL」を採用し、地震だけではなく、台風や最近被害が多くなっている強い雨風にも高剛性を発揮します。

 

 

 

また、木造家屋の断熱性能はもちろん、最近では省エネや部屋ごとの温度差を抑える(冬場のヒートショック防止)、結露防止、防音、建物自体の強度を高める効果が期待できる気密性能が注目されています。

 

ウェルホームの高気密高断熱の家は、「次世代省エネルギー基準」を満たしているため、環境にも優しく年間を通して安定した室内環境を保てるのが特徴です。

 

 

 

 

・人気の外観実例を参考にしたい

 

 

【平屋のスマートで開放的な暮らし】

 

家族が集う暮らし、将来を見据えた間取り、開放的な空間という機能的なデザインで人気が高まっている平屋タイプ。シンプルでありながら、外観の重厚感、耐震性能や省エネ性能の効率もよく、高い評価を得ています。

 

 

 

【洋風デザインのナチュラルテイストな暮らし】

 

安定の人気を誇る南仏の優雅さやナチュラルで優しいテイストのある外観デザインです。太陽のように明るいオレンジ色の屋根は、おしゃれで親しみやすい印象です。開放的な3連窓が洗練された個性を出しています。

 

 

 

【高級感あふれる本物志向の暮らし】

 

高級住宅や邸宅の外壁に採用される高性能・高品質なタイルで劣化や汚れを防ぎ、永く美しさを保てます。スタイリッシュで展示場のようなワンランク上の品質もおすすめです。

 

 

 

 

 

・アフターサービスはどんなもの?

 

マイホームに住み始めてからも永く快適で安心・安全の暮らしを守るために、アフターサービス体制にどれほど力を入れているハウスメーカーや工務店かという点も確認しておきましょう。

 

 

【長期メンテナンス】

 

多くのハウスメーカーや工務店で「60年間の長期メンテナンス保証」を行っていますがウェルホームでは、さらに指定の有償メンテナンス受けていただいております。これは、住まいの品質管理を永く丁寧に続けることで、より安心で快適な暮らしを約束できるからです。

 

 

 

 

【補修や賠償】

 

住まいの引渡し後に建物の欠陥や補修個所が見付かった場合にその補修や賠償を保証するもので、瑕疵保証を付けているハウスメーカーや工務店を選ぶと安心かもしれません。

 

これは、専門の検査員が住まいの基礎と構造体完成時の2度に渡る現場検査を行い、引渡し後10年間の補修や賠償を保証するものです。

 

ウェルホームでは、第三者機関の株式会社ハウスジーメンよる10年間の瑕疵保証を付けておりますので安心してお任せいただけます。

 

 

 

■ 家づくりの流れ

 

理想の暮らしについて家族で話し合い、外観デザインのイメージも膨らみ、ハウスメーカーや工務店選びのポイントや情報も集まってきたところで、さっそく家づくりの流れを見ていきましょう。

 

 

① 来場・相談

まずは、ご家庭で「マイホームを購入したい」と話題に上がったタイミングで気になるハウスメーカーや工務店の見学会や相談会に訪れてみましょう。資料請求をして、その会社のコンセプトや実例デザインを参考にするのもよいでしょう。オンラインで自宅に居ながらVRバーチャル体験やプラン、資金計画の打ち合わせを利用するのもおすすめです。

 

 

 

② 土地探し・現地調査

土地の大きさや形状の確認をします。法律上の条件において、その土地や周りの環境に問題がないか把握しておきます。

 

 

③ プラン作成・契約

理想の間取り、デザイン、土地、資金においてプランニングを行い見積書を作成します。じっくりと話し合い全体的なことが決まれば契約に進みます。

 

 

④ 住宅ローンの手続き

契約時に提出される確認書類により融資の事前手続きを行います。

 

 

⑤ 地盤調査

地質の状態や強度を地盤調査によって詳しく調べます。必要であればここで地盤改良を行います。

 

 

⑥ 地鎮祭・着工

近隣住民への挨拶や地鎮祭を行い、いよいよ着工です。

 

 

⑦ 上棟式

今までの安全と完成までの無事を祈願して上棟式を行います。

 

 

⑧ 完成・引渡し

完成した住まいを点検して問題なければ、ついに引渡しになります。

 

 

⑨ 保証・定期点検

入居後も快適に安心して暮らせるよう、定期的な点検や保証を受けて住まいの安全と価値を守り続けます。

 

 

 

 

・完成までの期間はどれくらい?

 

マイホームを建てようと考え始めてから、完成して入居するまでにどれくらいの期間が必要でしょうか。いつまでに完成させたいというスケジュールがある場合、ハウスメーカーや工務店に相談、逆算して計画を立てるとよいでしょう。

 

打ち合わせ期間や建築工法などによって工事期間は長くも短くもなり得ますが、6ヶ月~12ヶ月の余裕をみておくとよいでしょう。

 

 

■ 資金計画を立てよう

 

マイホーム購入で頭が痛い問題と言えば資金計画ですよね。マイホーム購入計画を躊躇する大きな理由の1つと言ってもいいでしょう。しかし、事前にきちんと無理のない資金計画を立てることで、安心してマイホーム購入の夢に向かって進めるようになります。

 

 

・トータルバランスを考えた予算設定

 

理想のプランを盛り込み過ぎて費用が増大する、外構や庭の設備、諸費用がプランに含まれていない、暮らし始めてから増改築が必要になった、などがないよう将来を見据えた家づくり資金プランを立てましょう。

 

 

・住宅ローン

 

基本的に自己資金と住宅ローンに当てる割合の設定から始めます。住宅ローンは、地方自治体のような公的ローンか、銀行のような民間ローンによって融資の条件や金利が異なってきます。専門家と相談して生活に無理のない返済期間や月々の返済金額を決めていきましょう。特に家族の教育費、保険、その他のローンなど将来を考えて余裕のある融資計画が大切です。

 

 

【オンライン住宅ローンセミナー】

 

日本最大の住宅ローン総合サイトを展開するiYell(イエール)の専任アドバイザーが、ウェルホームのホームアドバイザーと一緒にアフターコロナ時代の住宅ローンセミナーをオンラインにて開催いたします。無料でご自宅からお気軽にご参加いただけます。

住宅ローンの基礎からお得な助成金の情報まで解説します。個別相談も可能です。

 

 

▼ 開催日を今すぐチェック ▼
www.wellhomes.co.jp/online-loan/#schedule_title